2018年02月23日

2/3

 明日の礼拝に備えて説教準備をしていたら、外でザク、ザクと音がする。あれ、誰かが雪かきしているのかな。外に出てみたら、教会の青年が駐車場の雪かきをしてくれていた。わあ、ありがたい。かと言って、自分だけ部屋に戻って、説教準備しているわけにも行かないよな。着替えてスコップを手に、私も雪かきを始めた。
 この前の雪とは違って、固く凍っていないから、プラスチックのスコップでも雪かきが出来る。まず教会の前から通りの道路に向かって道を作る。それが出来たら、今度は広い駐車場の雪かき。これがたいへんなのよ。
 ジャマにならないよう、雪かきした山を積み上げていく。自分一人だと、なかなか進まないけど、若い人がいると、全然違う。作業が早い。助かるわぁ。
 「助かるわぁ」と安心すると、つい遊び心が出てしまう。積み上がった雪山の上に、もう一つ小ぶりな雪山を乗せて、葉っぱで目と口を作り、小石で目と口をつけた。出来上がり。
 赤ちゃんのイエス様をダッコしているマリアさん。それらしく見えるかな。
IMG_20180203_135831.jpg

IMG_20180203_140036.jpg
posted by 牧師 at 23:28| 日記

2/2

IMG_20180202_070718.jpg

IMG_20180202_071008.jpg
 今年は異常寒波のせいで、東京でも雪が降る。御殿場では、尚更のこと。
 雪の中から枝を出す庭の鉢植えは、ディズニー映画の「オラフ」みたい。キンモクセイは雪をかぶり、モコモコのカリフラワー状態。教会も駐車場も雪に埋まっているから、通り道を作るために、日曜の礼拝までに雪かきしないと。
 まだ説教できてない。トホホ。駐車場、広いなぁ。
IMG_20180202_070821.jpg

IMG_20180202_070841.jpg
posted by 牧師 at 22:47| 日記

1/29-30

 分区の一泊牧師会で伊豆長岡へ。雪はどこにもありません。同じ静岡なのに。去年は分区一泊牧師会サボったから、今年はサボれない。普段も分区牧師会、サボっているから居心地が悪い。顔と名前が一致しない先生もいるし。就任して、すぐ交代する先生もいるから、余計、顔と名前が覚えられない。私より古株の先生は、富士教会と吉原教会と沼津教会くらいかな。私、完全に存在感のない「お局様」状態になってる。逃げ出したい。
 新年度予定を聞くと、教区総会会場は御殿場の時の栖だって。しかも3月は、教区総会の会場下見のために、分区牧師会は御殿場教会で行うことになった。逃げられません。
 帰りに伊豆長岡駅まで、香貫教会の先生が車で送ってくれた。助かる。ありがとうございます。沼津駅前のATMに立ち寄ろうとして迷子になり、歩き回ったら暑くて、たまらずコンビニでアイスを買って食べた。だって私は完全防寒対策でブーツまで履いてるのに、沼津はお日様ニコニコ。超暑い。沼津駅で電車を待って、御殿場へ。だんだん天気が悪くなってくる。あれれれ。
 御殿場に着くと雪が降っている。おかしいでしょ。同じ御殿場沿線なのに。牧師館の前の駐車場は、すっかり雪で白くなっておりました。もう雪かきしたくないよお。
IMG_20180130_142445.jpg
posted by 牧師 at 22:07| 日記

1/26

 今日は復生病院の予約日。疲れているから行きたくないけれど、我が家の相棒が、私を強硬に病院に連れて行く。はいはい。行きますよ。
 診察室に入ると牧師じゃなくて、ただの中島善子になっちゃうから、牧師に戻すのが大変なのよ。
IMG_20180126_112508.jpg
 診察後、病院の礼拝堂で祈る。天井近くの青いステンドグラスから伸びた光が、十字架の足元を青く染める。
IMG_20180126_112533.jpg
祈るしかない。祈ることしかできない。否、祈ることが出来る。キリストのそばにいることが出来る。
posted by 牧師 at 21:06| 日記

1/25

IMG_20180125_103451.jpg
 朝、十字の園の礼拝に出かけた。まだ辺り一面、雪だらけ。車の通り道だけは雪をどけてあるから、車で十字の園に行けた。何年か前、雪が積もった時、車のバッテリー上がりで、歩いて十字の園に行ったけど、雪かきの雪山が歩道に積み上げられていて、歩きにくかったなぁ。御殿場は雪が多い割に、雪国みたいな雪対策が全然、整っていない。行政は何もしないで当事者任せ。住民税、払っているんだけどねえ。
IMG_20180125_103814.jpg
posted by 牧師 at 20:41| 日記

1/22

IMG_20180122_150104.jpg

IMG_20180122_170753.jpg
 雪が降り続いている。どんどん雪が積もっていく。教会と牧師館の間の道だけでも雪かきをしようと外に出た。雪が降る中での作業は、はかどらない。プラスチックのスコップで雪かきしても、次々と雪が降ってきて、作った道を雪が埋めていく。くたびれて牧師館の中に入った。
 夜になって更に冷え込んできた。外に出てみると、さっき雪かきした道の上に会堂の屋根から落ちてきた雪がかぶさっている。ダメだぁ、こりゃー。東名高速や御殿場線も、雪のために一部、不通になっている。
IMG_20180124_002714.jpg

IMG_20180122_211832.jpg
 さっきのスコップで雪をどけようとしたけど、雪が寒さでカチカチに凍っている。雪の上を歩こうとしたら雪の表面がツルツルなので、すべる。やばいなぁ。これじゃあ、鉄のスコップで雪割りするしかないよ。明日は東海連合長老会の牧師会だけど、こんなツルツルの道を駅まで無事に歩く自信はない。欠席の連絡を入れた。
 翌日は水曜の祈祷会のために、スコップでコチコチの氷と化した雪を、ひたすらスコップで叩き割る作業に、汗をかかない私は顔を真っ赤にして励んだのであります。暑かった。

posted by 牧師 at 17:27| 日記

2018年02月12日

1/17-18

 夕方、大阪からの出張帰りの武久源造先生が、教会のオルガン調律に来てくださることになった。祈祷会の後、長老さんと三島駅まで出迎えに行き、御殿場線の長泉なめりまで車で送ってもらうことにした。三島駅で先生と合流。先生は大阪だけでなく四国も回ってこられたという。それも一人で。
 長泉なめり駅で先生と私が車を降りて、電車を待つ。雨が激しくなってきた。御殿場に着いた時は、ものすごい土砂降り。先生は傘がなくて私の小さい傘1つだから、駅前で夫の車に乗る時と、車から教会に入る時だけで、2人ともビショビショのずぶぬれ。
IMG_20180117_175120.jpg 
 乾いた服に着替えてもらおうと、夫の部屋着をもって来ようとしたけど、その前に先生はオルガンに向かう。いつもはコンサートの前に山口眞理子先生と2人で調律しているけれど、今回は武久先生だけ。オルガンの周りの板をはずすと、大小のパイプが縦横にビッシリ並んでいる。どれがどの音なのか。一つ一つ先生は手探りで音を確かめる。
 ちょっと先生、まず着替えて夕食にしましょうよ。我が家のカレーを食べながら、昔の話など色々、聞かせてくださった。全盲で東京芸術大学に入学したのは、武久先生が最初だった。大学も先生のために点字の楽譜を用意するなど、配慮してくれたそうだ。そして先生の日常生活を撮影したテレビのドキュメンタリー番組を、バックから取り出したパソコンで見せてもらった。先生は中学生時代、既にチェンバロを完全に弾きこなしている。若い時の先生はスリムで、ハンサム。白杖ひとつで、どこでも出かけていく。大学の電車通学も1人。スゴイ混雑の中で良く電車を間違えないで、乗り換えたりできるなと思ってしまう。
 今日中に東京に帰る予定だったけれど、調律に時間がかかり、今夜は教会の母子室に泊まっていただくことにした。先生の平均睡眠時間は3時間だって。ドヒャー。どんだけ丈夫なんじゃ。
 「ここは東京の住宅密集地ではないので、夜中でもオルガンを弾いて大丈夫ですよ」と言ったら先生が喜んでいた。夜中もオルガンの調律をするつもり満々。会堂の明かりがついてなくても、先生には全く支障がない。私は牧師館に退却。
IMG_20180118_094328.jpg
 翌朝、十字の園の礼拝に行く前、会堂を覗くと、先生はオルガンを弾いていた。恐らく一晩中、オルガンの調律をしていたんだろう。音はすっかり整っているように、私には思えた。
 十字の園の礼拝から戻っても、まだ先生はオルガンの調律を止めない。先生が言うには「すべての和音がキレイに響くまで調律が必要。礼拝ではキレイな音色のオルガンで讃美しないとね」。
 先生はやっぱり信仰者だ。一番善いものを神様に献げたいと願う気持ちが、とうとうお昼までの調律になった。延べ時間13時間以上だ。ここまでやってくれる先生がいるなんて、感激。ますます武久先生のことがスキになった。
IMG_20180118_101841.jpg
posted by 牧師 at 03:17| 日記

1/16

 休暇は終わり。今年の休暇は、旅行がキャンセルになって何していたか。ホットカーペットの上で、ちょっと寝るつもりが、食事もトイレにも行かないで、12時間以上ぶっ通しで爆睡。そんな毎日のくりかえし。今回の休暇の時間は、ほぼ睡眠で埋め尽くされました。まあ、それだけ疲れていたってことかな。
 郵便局に行ったらムーミンの切手発見!即ご購入。私がキャラクターグッズに弱いこと、郵便局の人も良く知っていて、スヌーピーのお財布を勧められた。カワイイから欲しいんだけど、グッとこらえて郵便局を出た。今日は誘惑に何とか勝てた。郵便局が根性試しの場所になってるよ。
IMG_20180116_145948.jpg
posted by 牧師 at 01:57| 日記

1/14

 日曜日、私は礼拝説教をお休みで、東京神学大学の神学生の方に礼拝説教をお願いしてある。まだ私が旅行キャンセルになっているって、みんなは知らないから、礼拝の時間になったら、会堂の後ろの席にササッと、もぐりこむつもり。その時も私だとバレないようスカート履いていく。
 来られた神学生は平向神学生。今年の春には卒業して、教会に派遣される。良く準備された説教だった。ありがとうございます。
 礼拝後、教会の人たちも平向神学生も、私がいるのでビックリしていた。イヒヒ。作戦大成功。
 でも説教しないで礼拝に来るだけってスッゴイ楽。たくさんの恵みを受けて帰れるんだから、こんなにおいしいことはない。もっと礼拝に皆、来て欲しい。
 昼食では平向神学生を囲んで皆さんで歓談。これからの伝道生活は決して楽ではないけれど、いつも神様が助けてくださるから、大丈夫。
 健康が守られて、良い働きがなされますよう、心からお祈りしています。
IMG_20180114_152801.jpg
posted by 牧師 at 01:30| 日記

2018年02月02日

1/11

 わーい!今日から休暇だ。念願の五島列島で教会巡りをする。羽田から飛行機なんだけど、九州の天気が悪い。飛行機の離陸掲示板を見てるけど、ずっと「weather check」のまま。そして係の人が「九州は雪のため飛行機が飛べません。翌日はさらに天候が悪くなります」と言われて、結局、旅行はキャンセルするしかない。ええええ!年に一度の休暇なのに〜!
IMG_20180116_150121.jpg
 せっかくの休暇だから、このまま帰るのは悔しい。と言ってもキャリーバックを抱えたままでは、あちこち遊びにも行けない。どうしよう…。思い出した。「夜明けの祈り」という映画を、どっかでやっているって新聞で読んだ。検索して調べたら飯田橋の「ギンレイホール」という映画館でやっている。しかも二本立て。でもそれを見るまでには、まだだいぶ時間がある。どうするかな。そこで久しぶりに東京駅に行くことにした。東京駅が化粧直ししてから、見てないから見学に行こう。
IMG_20180111_142051.jpg
以前、道路だったところが、駅前広場みたいになっている。結構、観光客が見に来ているんだなぁ。駅をバックに写真を撮っている。私もやりたいけど自撮りにすると、タブレットのカバーがカメラに被ってぼやけるので、あきらめました。そして駅の中の天井がアンティーク調で、ステキなので驚いた。ハトの彫刻で飾られていて、いいねぇ。
IMG_20180111_143421.jpg
 東京駅には、キャラクターのお店がズラリと並んでいるスペシャルな通りがあるんですよ。スヌーピー、ムーミン、トトロ、etc。あっという間に時間が過ぎてしまう。急いで飯田橋へ。でもエスカレーターがない駅の乗り換えって、大きな荷物がある時、悲しいくらい辛い。階段て、拷問です。ヘロヘロになって階段を昇ったら、ギンレイホールがあった。
IMG_20180111_154747.jpg
 すでに行列ができている。ほとんど中高年の人たち。ミニシアターみたいな懐かしい感じの映画館。初めてシルバーでチケットを買って行列に並んだ。1000円なのがありがたい。でも窓口で年齢証明書を求められなかったのが、ちと悔しい。時間になって入場すると、ほとんどの人が常連さん用カードで、チケットの人は余りいない。ここで上映している映画のチョイスが良い。映画好きの人が来る映画館なんだね。私も常連さん用カードを買いたいけど、遠いし時間もないから無理。でも「夜明けの祈り」。これは見て良かった。深い。胸にズシンと来た。続けてもう一本見れたんだけど、遅くなるから一本だけで退出。もったいないな。良い映画だから。
 これで、今年の休暇のメインイベントは終しまい。東京も御殿場も良い天気なのに、九州が雪って、神様が「旅行に行くな」って言っているのかもね。
posted by 牧師 at 08:27| 日記