2018年10月05日

6/17

 先週、金沢出張があったり、いつにも増して忙しかったためか疲れが酷くて説教の時、声が出しづらかった。昔から6〜7月は体調が悪くなったり、大きなトラブルに巻き込まれたり、残念なことが多い。今年もそうみたい。礼拝後は、明日から2日間、御殿場教会を会場に行う東海連合長老会の記録審査のため、買い物など準備をした。
 今、ちょうどバラの見頃。体調の悪い私に代わって、明日、来る牧師たちをバラがもてなしてくれるはず。今年、苗を買った「希望」がキレイに咲いた。うれしい。教会のスロープ脇の鉢植えのバラも元気。牧師館の前も色とりどりのバラで、ビッシリ。
IMG_20180616_100004希望.jpg IMG_20180617_164323.jpg
IMG_20180617_050435.jpg IMG_20180617_212018.jpg
IMG_20180617_182500.jpg
 教会の駐車場にも小さくて真っ赤なスカーレットや、小さなピンクのつるバラが咲いていて、にぎやか。明日、ここに車を止める牧師たちも足を止めて、見てくれるかな。
IMG_20180617_143701.jpg

IMG_20180617_171319.jpg

IMG_20180617_182747.jpg
 バラの手入れをして、記録審査の準備は終わりと思ったら、提出する総会資料に表紙がついてないことに気づいた。表紙の必要事項を入力してプリント。総会資料に表紙をつけて綴じて終わり。やれやれ。私のやっていること、ずっと隣で見ていたのは「ローラ」。咲き加減が良い。ありがとね。見ていてくれて。
IMG_20180616_095905.jpg
posted by 牧師 at 02:49| 日記

6/15

 6月だから雨降りが多いのは当たり前。だけど御殿場が雨なのに、車で30分も行くと、全く雨が降っていないということも良くある。
今日も雨。庭で咲いているバラたちも、雨のシャワーを浴びてる。水やりの手間が省けて、ありがたい。でも余り雨が多すぎても、病気や虫が心配になる。
 だから雨なのに、傘をさしてバラたちを見に行く。写真を撮ろうとすると、傘がバラのトゲにひっかかったり。それでも可憐な姿を写真に収めずにはいられない。バラたちを見てると、癒されるんだよね。
 ピンクの「さらさ」。オレンジ色がキレイな「ローラ」。ローラ好きだな。良く咲く「マチルダ」は、おりこうさん。
IMG_20180615_143142さらさ.jpg IMG_20180615_143312ローラ.jpg
IMG_20180615_143322マチルダ.jpg
 ピンクのグラデーションが魅力的な「聖火」。これも大好き。黄色で少しオレンジが入っているのは「アンネ」のバラ。「アンネ・フランク」から名前をもらった大切なバラ。地植えにしたらドンドン背が伸びた「アプリコットキャンディ」は色も形もグーです。大きな「マリア・カラス」と小さな「聖火」を切って、机に置いた。さて、説教準備の続きをしよう。
IMG_20180615_143336聖火.jpg IMG_20180615_143350アンネ.jpg
IMG_20180615_143652アプリコットキャンディ.jpg IMG_20180615_144739.jpg
posted by 牧師 at 00:53| 日記

2018年09月07日

6/14

IMG_20180614_121057.jpg
 日に日に田んぼの稲が、緑色を濃くしていく。雨が多いけれど、夏が近づいているのを教えてくれる。教会の庭のバラも、6月に入ったらどんどん咲き出した。
IMG_20180614_141907祈りとモナコ.jpg IMG_20180614_122720伊豆の踊り子.jpg
 白に薄く肌色が入った「祈り」、ピンクに少し濃い色で縁どりしている「プリンセス・ドゥ・モナコ」。2つとも切って机の上にどうぞ。真ん中から外側に向かって黄色が薄くなっていく「伊豆の踊子」。
IMG_20180614_122948ソレロコルダリーノ.jpg IMG_20180614_142142ブルームーン.jpg 
IMG_20180614_155535マリアカラス.jpg
 ハッキリした黄色は「ソレロコルダリーノ」、なかなか咲かない貴重な「ブルームーン」。とても良い香りの「マリア・カラス」。
 今年、苗を買って鉢植えにした「希望」のツボミが開き始めた。紫が入った赤が印象的な「ボクサムビューティー」も今年の苗。本当は、買った時についていたツボミは咲かせたらダメなんだって。枝を丈夫にするため。でもツボミを切れないんだよねぇ。もったいなくて。そして後で泣くのよ。分かってます。
IMG_20180614_141942希望.jpg IMG_20180615_112437ボクサムビューティー.jpg
posted by 牧師 at 03:58| 日記

2018年08月15日

6/10-12

 今朝は「子供を祝福する合同礼拝」。でも教会学校の子供たちは中学生になってから、部活が忙しくて教会に来られない。果たして子供たちが来てくれるのか、祈りつつ礼拝を待った。そしたら三人の乳幼児、幼児、小学一年生。いずれも他教会の方々だけど、礼拝に来られて、子供たちと共に礼拝を守り、祝福をすることが出来た。神様、ありがとうございます。赤ちゃんを抱えて、毎週礼拝に来てくださるママと一緒に写真を撮った。赤ちゃんの名前が娘の名前と一文字、同じなので親近感がわく。自分の孫みたいな感じ。赤ちゃんはどうしてこんなにカワイイんだろう。自分の子育て、もう一度やり直して楽しみたいよ。
 礼拝後、午後から一時間ほどの、ミニコンサートを教会の方々で行う。準備ができるまで、私は庭でバラを見ていた。モナコ、祈り、伊豆の踊子、ブライダルピンクが、雨粒を受けながらも、健気に咲いている。雨の日が多いのに、頑張っているバラに励まされる。
IMG_20180610_122804モナコ.jpg IMG_20180611_133719.jpg
IMG_20180610_122341伊豆の踊り子.jpg IMG_20180610_122417ブライダルpink.jpg
 ミニコンサートでは、みんなで歌ったり、演奏を聞いたり、楽しく過ごした。若い人たちは本番に強いね。それとも隠れたところでシッカリ練習しているのかな。良く息が合っていた。
 そのあと私は荷物を抱えて東京へ。日曜学校委員会の原稿を娘と一緒に作成するところがあるので、娘と会わなくちゃならない。でもどうせ行くならと渋谷のBUNKAMURAの「パディントン展」を見に行った。パディントンの人形は前から持っていた。赤い帽子も日に焼けているけど、売り場にあったのより、うちのパディントンの方がカワイイ。
IMG_20180611_110528.jpg
 そのあと、娘のアパートで夜中過ぎまで、教案誌の絵を描いたり大忙し。明日、起きれるか。東京駅からの新幹線、指定席を買ってあるのに。会議は今年、金沢なので、御殿場から行くよりも東京からの方が近い。
 月曜の朝、慌てて起きて、親子でバスに乗り、電車に飛び乗る。私は東京駅から北陸新幹線へ。娘は職場へ。昨夜、娘が描いた教案誌のイラストもゲットした。初めて乗る北陸新幹線。
 御殿場では普段、歩くことがあまりないけど、都内では歩くことだらけ。電車の乗り換えの階段、ホームの端から端まで歩いたり、都内にいたら、別に何もしなくても、通勤だけで運動になるよ。北陸新幹線はわざわざ指定席にしなくても空いていた。今回、キャリーバックではなく、軽いバックを選んで荷物をビッシリ詰め込んできた(そのためにムーミンのバック、雑誌の付録で買いました。手前にあるバックがそれ)。着替えだけなら軽いけど、本などが入っているから、結構重たい。
IMG_20180611_150743.jpg
 初めて乗った北陸新幹線。新しくてキレイ。特にトイレがデラックス。ちょっと感動した。金沢駅からバスで香林坊に行き、そこから徒歩で金沢教会。大きく全国連合長老会会議と書いてあった。お久しぶりです。
IMG_20180611_154634.jpg
 まず日曜学校委員会へ。次号の教案誌の話し合いなどをしているうちに、すぐ開会礼拝の時間になる。聖餐も行った。去年、司式者が聖餐でパンを全員に渡す間ずっと「取って食べなさい」と繰り返し言っていたのを思い出した。あれは良いな。いつか御殿場教会でも取り入れたい。長老さんと合流してホテルへ。私がネットで探した格安ホテル。2人で朝食付きで、なんと9000円。しかも金沢駅前。うれしい気分。
IMG_20180612_100025.jpg
 翌日は朝から会議。長老さんと2人で座り、会議の進行を見守る。流れるように議事信仰。めんどくさい茶菓係もいない。見習えよ、教区総会は、全国連合長老会の会議を。昼食は各自、近くのお店に行って食事をとり、会議に戻る。私はこの後を長老さんに任して、一人先に東京に戻った。銀座の教文館に行って、十字の園に贈るための本を選んで買うため。
 十字の園の本棚には、グノーシスがなんたらかんたら、死海写本がなんたらかんたら、「誰が読むか」って本しかない。とにかく教会の礼拝にも行かない職員が、少しでも教会のこと、キリスト教のことを知ってほしいと思って、前から本を買いたかった。いっぺんには買えないけど、図書券を持っている分だけ全部使って、本は牧師館に郵送してもらった。後はもう帰るだけ。
 往復JRの切符を買っていたので、東海道線に乗り込む。スゴイ混雑。全く座れません。足が痛いです。荷物が重たいです。足がむくんでパンパン。靴ぬぎたい。裸足になりたい。藤沢でようやく座れた。国府津で乗り換えるから「寝るな、寝るな」とおまじないをかけながらガンバル。国府津から御殿場線。待つのよ。また。ようやく御殿場線に乗り込んで「寝るな、寝るな」のおまじない。今度は効かなくて寝てしまった。でも御殿場で目が覚めて、ラッキー!このまま車庫に入るところだったよ。
posted by 牧師 at 16:21| 日記

2018年08月14日

6/5

 来週、連合長老会全国会議と日曜学校委員会がある。その時、教案誌の原稿を届けなくちゃならない。教会の仕事の合間を見て教案原稿を書いてきたけど、能率が悪くて思うように進まない。教案原稿が行き詰まり、祈祷会の準備に切り替える。
 午前2時過ぎ。視線を感じて横を見ると、赤い小さなスカーレットと、ピンクのアロハがいた。つきあってくれてるの?ありがとうね。
IMG_20180605_021953コーネリアとアロハ?.jpg
 結局そのまま朝になり、高根学園で花の日礼拝の奉仕をした。戻ってきてガス欠。夕方まで眠ってしまった。ふらりと庭に出ていく。去年より、ずいぶん背が伸びたモナコのツボミが開き始めている。何か話したくて口を開けようとしているみたい。
 何だい。言ってごらん。秘密にしておくから。
IMG_20180605_164946モナコが咲きそう.jpg
posted by 牧師 at 01:29| 日記

5/31

IMG_20180531_083240.jpg 
 田んぼの稲が伸びてきた。空はどんよりした重たい色。自分の気持ちを吸い上げたような空の色。このまま十字の園の礼拝に行くのが、つらい。説教を語るのが、つらい。
 やっぱり礼拝の始めから涙が止まらない。牧師のくせに泣きながら聖書を読み、泣きながら祈り、泣きながら説教を語った。
 礼拝が終わった途端、全身から力が抜けた。職員のOさんが「しばらく礼拝、お休みにしてください」と言ってくれた。帰宅してからも寝たまま、体が重たくて動かない。何もする気にもなれない。食事をするよう夫が言うけど、そんな気にもなれない。疲れた。疲れた。疲れた。胸に鉛の玉がズシンと乗っているような感じだ。先週、復生病院に行ったばかりなのに。
 いつの間にか眠ってた。ようやく起き上がれた。小雨が降っている。窓の外に小さなバラが咲いているのが見えた。ノスタルジーだ。庭に出て、バラを見ていると落ち着く。ずっとこうしていたい。
IMG_20180531_163609ノスタルジー.jpg
 
posted by 牧師 at 00:12| 日記

2018年08月13日

5/22-23

 東海教区の総会が、御殿場・時の栖で2日間にわたり行われる。今年の担当は、東静分区だから御殿場教会も働きます。私と信徒議員の方と2人で朝から会場につめて、他教会の人たちと一緒に準備を開始。お茶菓子の接待係は、これで2度目かな。でも今回すごく困ったのは、給湯機がそばにないこと。だからフロントに電気ポットをもっていって、水を入れてもらったら、ポットをもって会場の2階に駆け上がり、急いで会場内のコンセントにつないで、お湯を沸かす。会場に約200人いるから、飲み物やお菓子を用意する量も、半端ない。
 総会の前に開会礼拝が行われ、聖餐式も行った。配餐の担当は今回が初めてだ。前回は聖餐式のパンとジュースを用意して並べる係だったっけ。礼拝後、議事が始まる。
IMG_20180522_144727.jpg
 会議の休憩時間になると、わっと人が集まってきて、用意していたお菓子がキレイになくなる。あわててお菓子を継ぎ足す。ポットのお湯もすぐなるなるから、即、フロントで水を入れたら、2階に駆け上がり、コンセントにつないでお湯を沸かす。普段の運動不足を、こんなところで解消するか。総会って、そういう場所だったんだね。今回、コーヒーや紅茶は、カフェオレとか、ミルクティーとか、スティックタイプで1人分ずつのものを用意した。砂糖とか、ミルクの用意や片付けの手間を省くために。すると「糖尿だから、ブラックしか飲めないんだよね」というお方あり。知るかよ。自販機で買えば?
 でもお菓子も足りなくなってたから、もう一人の担当の女性牧師と信徒さんの車で夕食後に近くのスーパーマーケットに行って、瓶入りのコーヒーとお菓子を買い足してきた。どうぞ腹いっぱい飲んでください。
 夕食後も会議は踊る、じゃない続く。そして最後は逝去者のための祈り会。昨年度、私は5名の方の葬儀を行った。その方たちの名前が呼ばれると、お顔が目に浮かぶ。みんな笑顔。
 1日目の予定が終わっても、まだ仕事は終わらない。お菓子やお茶の後片付けの他、私は今回、報告審査委員だったので、事前に割り振られていた箇所の間違いなどを出し合った。何とか仕事を片付けて、楽しみにしていたお風呂に入ったら「11時半には出てください」とアナウンス。今、入ったばかりじゃ!
IMG_20180523_085524.jpg
 翌朝、会場にお茶やお菓子の支度をある程度しておいて、朝食に行った。そして会場に戻ったら、用意していたお茶が袋ごと無くなっている。ええええ!どうするのよ。10時になったら、時の栖の売店に行ってお茶の葉を買って来るしかない。そして会場を出て、買いに行きましたよ。大きめのお茶の袋を一つ。
 総会では、まず補教師の准允式と、正教師の按手礼式が行われた。按手のために牧師たちは前に出ていき、按手を受ける人の頭に手を置く。牧師の人数が多いから、私は前にいる牧師の肩に手を置く。そして私の肩に後ろの牧師が手を置いて、ずーーと長くつながってる。写真の中、私はどこにいるでしょうか。当てても賞品はないけど。
 按手礼などが終わり、議事再開。並行して選挙も行っている。昨日と同じように私はポットを両手に持ってフロントに走り、水を入れてもらって階段を駆け上がったら、会場のドアが閉まっている。選挙のため会場封鎖されていたんだ。何だよ、これ。
 総会が終わり、紙コップやお菓子の紙くずなどを後片づけ、ゴミ袋に入れる。飲み残しを捨てるためにバケツを持っていったんだけど、その中に紙くずとか捨てるヤツがいるんだよね。ここにいるは皆、信仰者なのに、どういう神経なんだろ。「ゴミを捨てないでください」と書いて貼り紙してあるのに。お菓子がなくなった分だけ持って帰る荷物が減って、それだけは良かった。
そこで提案。次回の教区総会では、お茶菓子の接待、男の牧師にやってもらいましょう。女の牧師だけが、お茶菓子の接待って、おかしくない?どうですか。教区三役の方々。あ、この方々も男の牧師でしたね。
posted by 牧師 at 22:49| 日記

5/21

IMG_20180521_160730[1].jpg
 時々、牧師館の庭の写真を撮って残しておく。翌年のバラを育てる時の目安になるので。
 今年の冬は寒い時期が長かったから、地植えのバラがなかなか咲きださない。つるバラが先に咲き始めた。庭にあるつるバラは一期咲きがほとんどだから、一度咲いたら、また来年。四季咲きのバラが咲き出すのと同時に咲いてくれたら、にぎやかで良かったんだけどな。まあ、お天気次第だから文句は言えないです。
IMG_20180521庭_155958[1].jpg
 明日から教区総会。明日の会場は御殿場の時の栖なので、一番近い御殿場教会から持っていくものが、たくさんある。総会で私は聖餐式の配餐係とお茶菓子の接待係。段ボールに入れたお菓子など、いくつも買い込んできた。その他にも電気ポット、急須、聖餐式の食器、コーヒーや紅茶、マドラーなど、細々したものがごちゃごちゃと。明日の朝、会場まで車で運んでもらう。
IMG_20180521庭_155811[1].jpg
posted by 牧師 at 17:39| 日記

2018年08月09日

5/17

 十字の園の礼拝に行く途中、田んぼがある。この前まで、大きな池だったのが、今日見たら、田植えされて、隅々までキッチリ稲の苗が並んでいる。
 天気は良くないけれど、田んぼを見ていると季節が分かるね。これって、ありがたい変化だな。
IMG_20180517_083440.jpg
posted by 牧師 at 16:21| 日記

5/14

 母の日の翌日、娘から届いたカーネーション。東京で働く娘は、愛猫との2人暮らし?だから、宿泊が出来ないし、忙しくて、なかなか御殿場にも顔を出せない。その代りだろうか、真っ赤なカーネーション。我が家の娘はこんなに華やかな美人だったっけ。そんな記憶はござりんせん。でも、とにかくお花は大好きだから、ありがとう。
IMG_20180514_105434.jpg
 庭のバラもチラホラ咲きだして、うれしい。マチルダが元気に咲いてくれて、ありがとうね。もう一つ、ピンクの可愛いパラ。名前は何だっけ。地植えのバラは名前を憶えているけど、つい新しいバラの苗を買い込んで、バラが増えてしまう。そして名札が風で飛んでしまうと、名前が分からなくなっちゃう。ごめんね。
IMG_20180515_063235.jpg IMG_20180515_063212.jpg
posted by 牧師 at 16:10| 日記