2018年04月19日

4/8

 昨年から礼拝にずっと出席されていた方の洗礼が、礼拝の中で行われた。白いブラウスのその方は、キリストの花嫁のようだ。キリストと1つに結ばれて、神様の家族として、キリストの愛と命に包まれ、日々たくましく生きて欲しい。礼拝後、讃美歌などのお祝いをお渡しして、皆さんにご紹介した。ここにいる教会員だけでなく、世界中の信仰者と主にある兄弟姉妹とされている。すばらしい恵みだ。おめでとうございます。
IMG_20180408_104551.jpg 
 今日の洗礼のために、洗礼盤の下の敷物と上の覆いを、真っ白な絹で作ってくださった方があった。水を入れた洗礼盤にホコリが入らないようにと、新しい家族ために、さりげない気遣いがうれしかった。
IMG_20180412_182027.jpg IMG_20180412_182050.jpg
posted by 牧師 at 03:33| 日記

4/2

 イースター礼拝に来られなかった方のために、日曜日は長老会が終わってから、十字の園で訪問聖餐を行った。今日は小田原の病院に入院されている方をお見舞いして、訪問聖餐を行った。お電話でお声は聴いていたけれど、やはりお顔を見ると安心する。復活のイエス様の力が与えられることを祈って、病室を出た。
 朝、御殿場を出てきた時と小田原では、全く気温が違う。厚手のジャケットが暑い。周りの山の木々も萌黄色で、新しい命を感じさせる。
IMG_20180402_134002.jpg 
 帰り道、足柄にある公園に連れて行ってもらった。桜が咲いていた。本物の桜だ。うれしい。ピンクで、小ぶりのカワイイ桜。レンギョウの花が山盛りになって咲いている。スゴイよ。
IMG_20180402_140300.jpg

IMG_20180402_135628.jpg
 他にも桜なのか、桃なのか良く分からないけれど、ピンク色の花や、赤白が混ざった花が枝に咲いていて、まるで「かんざし」みたい。私みたいなシートカットの頭には、かんざしに縁はないけど、いいなぁ。
IMG_20180402_135851.jpg

IMG_20180402_140033.jpg
posted by 牧師 at 03:04| 日記

3/29

 教会の暦では「洗足の木曜日」。イエス様が弟子たちの足を洗ってくださった日。受難週の真っただ中だけど、少しずつ寒さの中にも、春の気配が感じられる。十字の園の帰り道、富士山の雪もなんとなく穏やかに見える。「富士山は登るのではなくて、あくまでも見るもの」というのが私の持論。
 御殿場で見る富士山はいいなあ。季節を感じる。
IMG_20180329_103915.jpg
 教会に戻り、庭を見て回る。今年は寒さが厳しかったせいか、ようやくバラの芽が吹き出した。地面からはヒヤシンスがツボミをつけて、頭を出している。水仙は元気だねえ。まだ寒いのに。スズランがかわいい花を空に向けて、一生懸命に咲かせている。ガンバレと応援したくなる。
IMG_20180327_142457.jpg

IMG_20180327_142537.jpg

IMG_20180327_142515.jpg

IMG_20180329_170131.jpg
 今夜は黙想会。イエス様が十字架に付けられる前夜を思い、祈りを合わせる。イエス様の十字架の死の裏側に復活がある。そして来週の礼拝は、イエス様が死から復活されたことを祝うイースター礼拝だ。私達が日々、イエス様と共に十字架で死に、またイエス様と共に、日々復活できますよう導いてください。
   「私達は、キリストと共に死んだのなら、
     キリストと共に生きることになると信じます」
      (ローマの信徒への手紙 6:8)
IMG_20180329_200816.jpg
posted by 牧師 at 01:27| 日記

2018年03月24日

3/23

 今日は復生病院の予約日。ずっと仕事が忙しくて、かなり疲れている。こういう時、病院には行きたくないんだよね。医者の前だと素の自分が出ちゃうから、取り散らかった自分を収拾するのが、後で大変なのよ。
IMG_20180323_105951.jpg
 病院の玄関にイエス様の像が両手を広げて立っている。その足元をアップして写真に収めた。そしてよく見ると、3本の釘と、と、ムチが並んでいて、その周りをぐるりと、茨の冠が囲んでいる。写真で見えるかな。
 これは、まさに受難節にふさわしい像だね。来週の25日の礼拝は「受難週礼拝」。もちろん説教準備はまだ出来てない。これも受難? 恵みの受難です。はい。
IMG_20180323_110010.jpg
posted by 牧師 at 18:51| 日記

3/21-22

 昨日は御殿場教会で分区牧師会があった。通常の牧師会だけど、新年度の教区総会会場が、時の栖だから、会の終わりに現地に下見に行くことになっている。この日、集まった牧師たちは皆、御殿場教会より標高の低い暖かいところから来ているので、御殿場の寒さにちょっと驚き気味。お昼に教会員の方が作ってくださった温かいトン汁が大好評だった。
IMG_20180321_073928.jpg
 その翌日、祈祷会なので、聖書研究の準備をしていたら、朝7時頃、いやに外が明るい。さてはと思ってカーテンを開けたら、やっぱり雪だよ。どんどん雪は降り積もっていく。このままだと帰りが大変になる。だから祈祷会のメンバーに中止の連絡を入れた。ようやく聖書研究が終わったのに…。でも、まあ今日は久しぶりに布団で寝よう。祈祷会の連絡が終わったら、就寝。完全に朝晩が逆生活。それにしても、20日の分区牧師会はラッキーだったよ。一日遅れていたら、雪でみんな立ち往生しちゃうもんね。
IMG_20180322_083145.jpg
 22日の朝、十字の園の礼拝。雪がまだ積もっているから、早めに家を出た。3月も終わるっていうのに、この雪だもんね。外はガスがかかっていて、ぼんやりとしか見えない。空もどんよりして暗い。だからゆっくり車を走らせる。春はいつ、来るんでしょうねえ。
IMG_20180322_083253.jpg
posted by 牧師 at 18:36| 日記

2018年03月15日

3/14

 祈祷会で、詩編の学びをしている。私の解説後、参加者が思い思いに感想などを語る。自分の信仰生活に響いてきた聖書の言葉を、自分の言葉で語り直していく。祈祷会で共に学び、語り合うことで、聖書の読み方が更に深められ、信仰が成長していくのを、参加者の言葉を聴いていて、実感できるのは幸せだ。
 祈祷会が終わると、持ち寄りのおやつタイム。カワイイだるまの形をしたクッキーがあった。お腹に「福」の字がある。ぜーんぶ、おいしくいただきました。おやつタイムが終わると、帰宅する人、奉仕をする人、楽器練習をする人、それぞれが教会で自由に過ごす。
IMG_20180307_124132.jpg
 私は数日前、伸びた前髪がうっとうしくて自分でハサミで切った。でも斜めになってカッコ悪い。仕方ないから美容院に行った。そしたらすごく混んでいて1時間待ちだって。ディズニーランドじゃあるまいし。仕事が残っているから帰ろうとしたら、隣の床屋さんは空いている。というより、お客さんがいなかった。そこで入店して「カットお願いします」と言ったら、店員さんが「うちは女性の方は遠慮していただいているので」と申し訳なさそうに言う。
 ええーー。床屋さんて女人禁制だったの。でもめげずに「私、女、捨ててますから大丈夫です」と言ったら、店員さんは引き受けてくれて、ヘアカットしてくれた。カットが丁寧で上手。それから襟足とか顔も丁寧に剃ってくれた。私のカミソリとは、まったく肌触りが違う。「眉毛も一本につながっているので、二本に分けてください」と注文。眉毛もキレイに整えてくれた。ありがたい。髪もサッパリ、男前!
 家に帰って、チューブ入りの洗顔料を顔に塗っていて驚いた。顔がスベスベになっている。本職の顔剃りって素晴らしい。でも顔がスベスベすぎて、洗顔料で指が滑って鼻の穴にズボッ。お湯で顔をすすいだら鼻からシャボン玉が・・・・。自分で顔を洗いながら大笑い。鼻の中に洗顔料が入っちゃったから、鼻から息を出すたびにシャボン玉、プカリ〜。
 この時の写真? あるわけないじゃん!
posted by 牧師 at 15:57| 日記

2018年03月14日

3/1

 新聞で女性雑誌の付録に、ムーミンの小物がついているのを見つけたので、十字の園の礼拝の帰り、新しく出来た本屋さんに行って、お目当ての雑誌を探してみた。そしたら、ありました。昔からオマケに弱い性分だけど、未だに治らない。婦人雑誌には全然、興味がないけど、この付録は魅力的。ちょうど図書券もある。そして羽生選手の写真が満載の雑誌もゲット。こっちは中身に興味がある。
IMG_20180303_202648.jpg
 家に帰って、早速、付録を開けてみた。ムーミンのキャラクターがついた三つのポーチ。合成皮革で色も手触りもイイ感じ。ジッパーの先にはミーのチャームがついている。カードも三枚あって、キャハ、幸せ!
posted by 牧師 at 00:51| 日記

2/24

 高校の同級生が、以前から伊豆でギャラリーをしている。私は何度か足を運んで、目の保養をさせてもらっている。その同級生の彼女が、ご主人と一緒に教会を訪ねてくださった。いつも忙しい人なので、御殿場教会に来たのは今日が初めて。うれしかった。
 そして更にうれしかったのは、ギャラリーの作品をプレゼントしてもらったこと。
 教会の形をしたセンスの良い置物。ドアも開け閉めできるし、上が開いていて、お花を生けられるようになっている。暖かくなってバラが咲いたら、バラをこの中に入れて飾ろうと思う。
 彼女が私のために、この作品を選んでくれたのがスゴーーークうれしかった。ありがとうね。独り占めしないで、みんなに見てもらえるよう、教会の玄関に置きます。
IMG_20180225_175913.jpg

IMG_20180225_175854.jpg
posted by 牧師 at 00:34| 日記

2018年03月10日

2/22

IMG_20180222_090138.jpg
 十字の園の礼拝に行ったら、ロビーの横に吊るし雛が飾ってあった。そうか、もうすぐお雛様だ。我が家もお雛様があるけど、引っ越してきた時の荷物のまま、まだ荷ほどきもしていない。毎年、飾ろう飾ろうと思いつつ、忙しさに紛れて忘れてしまう。ごめんね。
IMG_20180222_135808.jpg
 アマゾンから「フラワーフェアリー」のカレンダーが届いた。去年、生活クラブで紹介されていたので、注文しようとしたら、ネット申し込みになっていて自分では注文できなかった。本屋さんに注文したら、発行している会社が分からないとダメだと言われ、諦めていた。そのことを先日、教会の若い人に話したら、たちまち検索してネット注文してくれた。その素早さに驚いた。そして今日、届いて大喜び。
 この絵は昔、チョコレートのおまけでカードになって入っていた。それを集めていて、今でも大切にとってある。この絵が大好きで、本も持っているけど、大きなカレンダーで見ることが出来て、超うれしい。3月は一番好きなリンゴの花の妖精が描かれている。この赤ちゃんの妖精がキャワユイ。
IMG_20180222_135920.jpg
 今夜は黙想会があるけれど、その前に高根学園で職員との聖書の学び会がある。お子さんのいる職員もおられる。親子で教会の礼拝、せめて子供の礼拝に来てくれないかなぁと思う。帰りがけ窓口を見たら、チョコレートの箱に入った木の実があった。バレンタインデーのチョコに見立てて作ってあるんだ。どんぐりで作ったトトロもいる。うまくできている。立ち止まって見ていたら、トトロを一ついただいた。ありがとうございます。牧師館に帰って、玄関にトトロを飾りました。
IMG_20180224_125151.jpg
posted by 牧師 at 03:18| 日記

2/12

 東海連合長老会の日曜学校教師修養会を、駿府教会で行った。駿府教会は木造建築が美しくて、良く見学者が来る。当日も見学者が来ていた。余分なものは外から見えなくしてあり、講壇やオルガンなど、必要最低限のものだけが置かれている。壁の木材も日差しの変化によって、変わって見えるのでステキ。
IMG_20180212_095924.jpg

IMG_20180212_095915.jpg
 この日の講師は兼子洋介牧師(富田林教会)で、日曜学校委員会のメンバーだ。昨年の暮れに発行された「新・明解カテキズム」を紹介するために、以前の二冊本のカテキズムとの違いを比較表を作って、丁寧に示してくださった。特に「新・明解カテキズム」の良さを、様々な角度から語ってくださり、聴いていて、これは各地の中会でも、ぜひ講演してもらいたいと思った。
IMG_20180212_110235.jpg
午後からの全体会は、椅子を丸く並べて講演内容について質疑応答がされた。互いに顔を見合わせる形での全体会は、講師との距離が縮まり良い感じだ。カテキズムを使った教案誌についての意見や質問も出たが、兼子牧師が分かりやすく話をしてくださった。また日曜学校に集う子供たちが、受け身になるだけでなく、友達を誘いあうなどの務めが与えられていることも思い出させてくださり、短時間だったが、有意義な修養会となった。感謝だ。
IMG_20180224_124742.jpg
posted by 牧師 at 02:37| 日記