2016年02月22日

2/19

 朝食で、ゴリッと言う音と共に口の中に違和感。歯が欠けてしまった。ヨーグルトに混ぜたドライフルーツ入りフレーク。ドライフルーツが固いといつも感じていたけど、まさか歯が欠けるとは。しかも前歯だ。日曜日は礼拝があるし、月曜からは名古屋に出張だ。前歯が欠けたままじゃあ、恥ずかしくて口を開けられない。とにかく歯医者に電話。混んでいるのに、ムリヤリ午後の診療に割り込ませてもらった。
 欠けた前歯は差し歯の一部。歯医者さんは私の事情を聞いて、応急処置で欠けた歯をくっつけてくれたけど、ちゃんと直さないとダメらしい。しかも私の差し歯は3本の連結になっているから、欠けた1本だけでなく、3本とも作り直す必要があるという。
 もう観念するしかない。3本、お願いします。
 ところでお値段はいかほどに…。差し歯にもランクがあるらしくて、半永久的なのは1本ウン万円もする。ひえ〜。それじゃあ3本で1ヵ月の税抜手取り謝儀を軽く超えてしまう。
 帰宅して夫に相談。夫は「ちゃんとした方がいいんじゃないの」と言う。だけど「半永久的に丈夫な差し歯」と言われても、あと何年生きられるか分からないのに、勿体ない気もする。
 年を重ねて来ると、残りの命の時間が気になる。あとどれだけ教会に仕えることが出来るのか。単に仕えるのではなくて、質を落とさないで、どれだけ教会に仕えることが出来るのか。
 でも夫の体調もまだ万全ではないし、前向きに生きなくてはと思う。ここで一言、夫に励ましてもらいたくて、よく世間の夫が、妻に「俺より1日でも長く生きてくれ」と言う、あのセリフを言って欲しいと、夫に催促した。
 そしたら「俺より1日も早く…」と言ったところで、ヤバイと気がついたのか、夫の言葉が止まった。「俺より1日も早く死んでくれ」ってか。
あんた、心の声がジャージャー漏れしとるよ。
 まだ本音を隠す制御機能が回復していない夫は、ひたすら笑って笑って、ごまかすのみ。いつもの手だ。ニャロメ。
160217_1014~02.jpg
 今、私の部屋に咲いているのは「花かんざし」。小さくて花もツボミも「かんざし」にしたいくらい可愛い花だ。花言葉は「思いやり」。
 「思いやり、思いやり」と唱えながら、私は机に向かった。
posted by 牧師 at 02:28| 日記

2/18

 今日は御殿場十字の園で、召天者記念礼拝の説教奉仕をした。この1年間に亡くなられた方々は30名。その中でお2人の方は、毎週、御殿場教会の礼拝に出席しておられた。お2人とも洗礼は受けられなかったけれど、教会での礼拝、十字の園での礼拝を大切にしておられた。その内のSさんが書いた「祈り」という書が、十字の園に飾られていたのを見つけて、大喜びしたのを思い出した。たくさんある言葉の中からSさんが「祈り」と言う言葉を選んで、不自由な手で書いてくださったからだ。
 また昨年の夏、職員のYさんの大切な家族(オネコ)、うのすけくんが闘病の末に亡くなった時、Yさんがずっと主の祈りを祈りながら、うのすけくんを見送ったこともあって、召天者記念礼拝の説教は、ルカ福音書11章にある「主の祈り」の聖書箇所を選んだ。亡くなられた方々の名簿に、うのすけくんの名前は無かったけれど、祈りに見送られながら神様の所に帰って行ったことを信じて、説教を語った。
2016218 IMG_6519.jpg
2016218 IMG_6514.jpg
 今、Yさんの所には、突然飛び込んできた福助と辰五郎がいる。そして私の説教を聞いて、うのすけくんへのメッセージに気づいてくださったYさんが、名前が刺繍されたスカーフを首に巻いている兄弟の写真をメールで送ってくださった。そのスカーフには、黒猫のうのすけくんもいた。
 「愛は決して滅びない」(Tコリント13:8)の聖書の言葉の通り、愛されているものも、また決して滅びることはない。
posted by 牧師 at 00:18| 日記

2016年02月17日

2/16

 教会の車椅子は古いので、タイヤに空気を入れても、すぐ空気が抜けてしまう。タイヤを買い替えなければダメだねと、長老さんたちと話をしていた。でも自転車屋さんをしているSさんが、この前、車椅子のタイヤを触って、調べていたら、さっと立ち去った。そして戻ってきたら片手に工具箱。軽トラにいつも工具箱が乗っているらしい。そして具合の悪くなっている所を確かめて、応急手当てをしてくださった。するとちゃんと空気が入って、タイヤはパンパンになった。スゴーイ!しかも私が「修理代を請求してください」と言ったのに、笑って帰って行かれた。
 Sさんは80代だけど、信仰も、自転車修理の腕前も現役。以前、お宅を訪問した時、お店の前でパンクしたタイヤの修理を手慣れた仕草でやっていて、カッコ良かった。今回もカッコ良かった。小柄な女性だけど「男前だなぁ」とほれぼれした。
2016216DSCN1424.JPG
 今日は久しぶりの青空。日陰にずっと残っていた雪も、ぜんぶ消えている。教会も日の光を浴びて、気持ちよさそう。
2016216DSCN1430.JPG
 教会の隣には、紅梅の小さな花が咲いていた。冷たい風にも耐えて「もうすぐ春が来ます」と告げている姿がいじらしい。
2016216DSCN1426.JPG

2016216DSCN1429.JPG
posted by 牧師 at 23:03| 日記

2016年02月09日

2/1−2

 今日から分区の一泊牧師会。場所は伊豆長岡。朝、出かける時、雪が降っていたので、折り畳みの傘にマフラー、コート、ブーツの重装備。御殿場から電車で行く。御殿場線に乗り込んだら、駅員さんの大きな声にびっくりした。運行確認のための声だけど、やたら大きい。新人研修なのかな。もう一人の駅員さんが何やらメモっている。
160201_1257~02.jpg
 東京では片道2時間、往復4時間の通学通勤が当たり前だった。だから電車の中でたくさん本が読めた。その時と比べると今は直接、仕事に関する本以外、あまり読んでない。何でだろう。1日24時間は変わっていないのに。でも今日は電車の中で、読みかけの本をじっくり読める。ありがたい。
160201_1312~01.jpg
 三島で乗り換えて、伊豆長岡に向かう。あまり乗らない路線なので、駅名の読み方が珍しかった。例えば、「原木」は「ばらき」。「伊豆仁田」は「いずにった」。「大仁」は「おおひと」。「牧之郷」は「まきのこ」。「大場」は「だいば」。日本語は難しいね。
160201_1346~01.jpg
 分区牧師会は全国連合長老会みたいに、夕食後の研修はなくて解散だから助かる。今夜は早く寝るぞと思ったけど、寝る前に飲む薬を持ってくるのを忘れてしまい、寝られない。
 翌日は終了予定が早くなってラッキー。家に帰ったら、薬を飲んですぐ寝たい。伊豆長岡駅に世界文化遺産登録された韮山反射炉の広告が貼ってあった。この近くにあるらしい。別に見たいとは思わないけど。それより駅のホームに「つるし雛」が飾ってあるのに見とれた。白いのはカイコのまゆだま、他に手縫いのエビ、カメ、鯛、大入袋などの縁起物がたくさん吊るしてあって、おもしろい。
160202_1104~01.jpg 160202_1107~01.jpg
160202_1108~01.jpg
 早く帰りたいけれど、三島から沼津まで、電車に乗る時間は5分ほどなのに、電車を待つのに20分以上もかかる。そして沼津から御殿場線に乗り換える時も20分以上、待つ。勘弁してよ。
 疲れてヘロヘロで帰宅。大きな小包(?)が届いていた。高校の同級生Eちゃんからだ。彼女は伊豆高原でギャラリーを開いていて、琥珀アクセサリーのデザインもしている。東北大震災の時、琥珀の産地・久慈の支援のため、琥珀アクセサリーの販売をして、私もいくつか買い求めた。それらは今も大切に愛用している。包みを開けてみたら、バラの柄のふかふかパジャマと絹の靴下。パジャマは厚手で超あったかい。寒い御殿場の冬にはピッタリのパジャマだ。絹の靴下は履いたことがないけど、すごく暖かいらしい。ありがとう!Eちゃんは、私がバラが好きだって知っていてくれたんだ。うれしいな。
160202_1328~01.jpg 160202_0311~01-1.jpg
 そうそう、祈祷会のお土産などを買って荷物が多くなったから、泊まった宿の売店で大きなトートバックを買った。ビニール製で1000円のわりには、バラの柄がステキで気にいってる。この前100均の店でバラの柄のスリッパとか、シールとかも買ったっけ。今の時期、庭にバラが咲いてないから淋しくて、ついバラの柄に目がいっちゃう。早速ふかふかパジャマを着て、薬を飲んで即、爆睡。本日は強制終了です。
posted by 牧師 at 03:58| 日記

1/28

 先週初めに降った雪が、まだカチカチの氷の塊になって残っている。十字の園の礼拝に行く途中、田んぼに残った雪が固まって波打っていた。見るだけで寒そう。
160128_0817~01.jpg

160128_0817~02.jpg
 十字の園から帰って、牧師館の玄関前が残った雪が固まって、滑りやすくなっていたので、スコップで、マキ割りのように叩き割って、雪の塊を取り除いていた。そしたら強く叩き過ぎたのか、それとも雪の塊が固すぎたのか、スコップが跳ね返り、スコップの三角の柄で、しこたま左手を打ちつけた。痛〜!見る間に手の指の色が、どす黒く変わってきた。根性なしでもイイよ。雪の塊との闘いは痛いから、もうヤーメタ。
160128_1450~01.jpg 160128_0645~01.jpg
 教会から見える富士山は真っ白だ。これからも厳しい寒さが続きそう。凍った雪に足を滑らして、これ以上、青アザを増やさないようにしよう。
2016128DSCN1415.JPG

2016128DSCN1417.JPG
posted by 牧師 at 02:03| 日記