2017年09月22日

9/18−19

 17日の礼拝後、東京にいる小学校の時からの親友の家に泊まらせてもらった。彼女の初孫とご対面。写真は前から見ていたけどプクプクに太っていて、超カワイイ。彼女もすっかり良いおばあちゃんになっている。うらやましい。そして台風が来ているのに、夕食のためレストランを予約してくれていた。それもフレンチレストラン!
 目の前に並んでいる豪華な食器に驚く。グラスの底の切子模様がキレイ。ナイフの持ち手も琥珀みたいな模様で高そう。料理が出てくる前から、ビビるなぁ。
IMG_20170917_181623.jpg IMG_20170917_184114.jpg
 次々と出てくる器や料理がオシャレ。私とは別世界です。ハイ。
夢心地で、彼女の家に帰った。
IMG_20170918_094507.jpg
 翌日の朝食。キャハ!これまた豪華。フルーツ、サラダ、そして大好物のカッテージチーズ。紙ナフキンもデザイナーズ・ブランド。ありがとう。お腹パンパンですよ。おいしかった。
 横浜指路教会に向かった。彼女の家から電車で一本。便利だぁ。
 改革長老教会協議会の全国牧師会。今回は「宗教改革500年記念」ということもあるけど、内容がとても濃い。まず三人の牧師たちによるシンポジュームが、良い切り口になった。
IMG_20170918_162815.jpg
 その後、中国人のワン・アイミン教授が、中国の教会の実情について語ってくださった。筑紫教会の松谷牧師の通訳が見事。私、第二外国語が中国語だったのに、「中国、日本」という言葉しか聞き取れなかった。中国語ぜーんぶ忘れちゃったのね。
 中国は一党独裁国家だけど、その中でもキリスト教は広がっていて、公認、非公認の教会がたくさんあるという。たくましい伝道力に感心する一方、課題も多い。ワン教授が的確に課題を指摘してくださった。それは私達の教会にとっても重要な課題。著作にサインしてもらった。
IMG_20170918_195403.jpg
 夕食後は、スコットランドのウィリアム・ストーラー教授が、昇天のキリストの重要性を語ってくださった。改革派の伝統に立つ教会にとって、貴重な示唆を受けることが出来た。
 講演後はタブレットの道案内を頼りにホテルへ。タブレットは便利だけど、人ごみで「その先、右です」と音声ガイドされると恥ずかしい。
IMG_20170919_093614.jpg
 翌日の19日は、ワン教授の通訳を務めてくださった松谷牧師と、東神大のジャンセン教授が、海外宣教について、異なる視点から発題。松谷牧師がプロジェクターを使って、国家の弾圧に遭いながらも、中国の教会の聖歌隊が「十字架を背負って行く」と繰り返し讃美していた映像を見せてくださり、強い衝撃を受けた。国は違っても、キリストに従っていく信仰は、ひとつだと改めて確信させられた。
 今回、台風の影響で、会場教会に来られなかった牧師たちも多かったと思う。その中で幸いにも良い学びの時を与えられ、感謝だった。 
posted by 牧師 at 04:37| 日記

9/14

IMG_20170921_083231.jpg
 金色だっだ田んぼは、すっかり刈り入れが終わって姿が変わっていた。おいしい新米が食べられるね。田んぼって、いいなぁ。季節が良く分かるから。
IMG_20170916_082749.jpg
 牧師館に戻ってから、久しぶりにバイクのエンジンをかけてみる。
 「モンキーR」は、既に製造が終わっているから、マニアには人気があるという。この形と色が大好きなんだけど、夫は、私がバイクに乗るのは大反対。「早く売れ」という。
 実際、背骨が痛いから、このバイクに乗る姿勢はキツイんだけど、ずっと乗ってたから、なかなか離れがたい。親友からも「おばあさんには似合わない。マジ、売りなさい!」とラインが来てる。トホホ。
IMG_20170909_131634モンキー.jpg
posted by 牧師 at 02:04| 日記

2017年09月11日

9/9

 御殿場コロニー祭に行ってきた。ずっと教会に来られなかった方のお見舞いをして、聖餐式を行うことができた。感謝だ。コロニーの広場では賑やかに音楽が響き、出店が並んでいる。
 そこにTちゃんが現れて、うれしくて思わずハグした。そしてHくんにも会えた!皆、元気そうで良かった!また教会の礼拝で会おうね。
IMG_20170909_192640.jpg IMG_20170909_192825.jpg
 帰りがけにコロニーのチャペルを覗いた。ここでМさんの葬儀を行ってから、ずっと来てなかった。講壇の横に四角いプレートがいくつも並んでいる。コロニーで生活してこられて、天に召された方々の名前が記されている。ここは、たくさんの思い出がつまっている大切な場所だ。
IMG_20170909_124119.jpg
posted by 牧師 at 22:29| 日記

9/6

 9月に入ると教会の庭のバラは「夏剪定」をする。ツボミや花がついていても、ザクザク切る。だいぶ慣れたけど、切ったバラはちゃんと教会の玄関や、自分の机に飾っておく。すっかり緑だけになってしまった庭に、バラの色が戻ってくるのは1ヶ月半後。待ちどおしい。
IMG_20170905_160955.jpg IMG_20170906_165057.jpg
 しばらくの間、こうやって、生のバラをそばで見られないのは寂しいなあ。そんなことを思っていたら、剪定が終わった植木鉢に、カエルくんがやってきた。
 カエルくんを家の中に飾っておくわけにはいかないけれど、バラが咲くまで、植木鉢にいてね。そして悪い虫が出てきたら、パクパク食べてください。ヨロシクね。
170909_1035~03.jpg 170826_2129~01.jpg
170825_1928~01ノスタルジー.jpg 170825_1927~01.jpg

IMG_20170908_123216.jpg
posted by 牧師 at 21:26| 日記

8/31

 今日で8月も終わり。今週も忙しかった。十字の園の礼拝の帰り、田んぼを見たら、もう稲が金色に実っていた。アリャリャ。いつの間に。もうすぐ刈り取りじゃないですか。時間の流れを、もっとシッカリ見つめて歩きたいのに、全然、見てないじゃん。
IMG_20170831_110606.jpg
 「忙しいから」という言い訳は通じない。みんなに等しく与えられている24時間。心の目をシッカリ開いて、過ぎ去っていく一時一時を、心の中に刈り入れておきたい。
posted by 牧師 at 20:36| 日記

8/27-28

 今日は、教会学校で説教をした後、伝道礼拝。マタイ福音書の20章「気前の良い主人」の例え話のところで説教した。ここは神学校を出て最初に赴任した教会では、大人の礼拝説教の務めはなかったら、文と絵を担当してアバコから出版した紙芝居「ぶどうえんでのやくそく」(今は絶版)のなつかしい箇所。
 礼拝後は、みんなで昼食会。多くの方々が残ってくれて楽しかった。それが終わると、葬儀屋さんや花屋さんが会堂で、前夜式の準備を始めた。お花はすべて真っ白で統一されていてキレイだ。
IMG_20170827_190221.jpg 
ご家族から「身内だけ」と聞いていたけれど、前夜式が始まる30分前、17:30に会堂に行ったら、すでに会堂はビッシリ人で埋まっていた。ほとんどの方が、キリスト教の前夜式や葬儀は初めての方たち。召された方は、御殿場教会の教会員ではないけれど、信仰者だったので、救いの確信をもって語ることが出来た。

 前夜式が終わったら、さあ大変。明日の葬儀説教。まだ一枚も書けてまへん。ご家族から、新たな資料をいただいていたので、これを何とか生かして原稿を書こうとしたけど、疲れてなかなか思うように進まない。
 そしてようやく葬儀説教の原稿を書き終えたのは、葬儀が始まる1時間前。急いでシャワーを浴びて、着替えて会堂へ飛び込んだ。滑り込みセーフ。危ないデカじゃなくて、かなりギリギリで危ない牧師。

 葬儀の後、斎場に向かい、ご家族とお話をさせていただいた。ご家族は信仰者の方が多かったので和やかな雰囲気。信仰者の葬儀の最後は祝福。神様がおられる天に凱旋された幸いな日だ。ご家族の皆さんのまなざしも、天に向けられていた。ハレルヤ!
 
 斎場から教会に戻り、牧師館に入った。ハイ、ここで試合終了。久しぶりに2日間の徹夜をして、靴下、ズボン、シャツ、脱ぎっぱなしで、そのまま畳の上に寝転んで爆睡沈没。翌日かゆくて目が覚めた。体中、蚊に食われていた。下着のままで寝ていたからだ。くそー!人の弱みにつけ込んで血を吸いやがったな。蚊のヤツめ。
posted by 牧師 at 19:24| 日記

8/25

 今週の月曜日、油断して渋谷まで絵を見に行ったせいなのか。その翌日、葬儀の依頼があって大あわて。通常の教務をしながら、前夜式や葬儀のプログラムを作ったり、バタバタしている時、思い出した。25日の締め切りの原稿があった!すっかり忘れていた。
 昨日、それを思い出して、とにかく急いで原稿を書いてメールで送信。誰も内容は、読まないでたもれ。
 今日はくたびれ果てていたから、行きたくなかったけれど、予約を入れていたから復生病院へ。診察を終えて出てきたら、目に飛び込んできたのは病院のチャペル。
IMG_20170825_112902.jpg
 いつもなら診察後に、チャペルでお祈りするのに、今日はお祈りをする気力もない。ごめんなさい。神様。
 病院から出る途中に広い芝生がある。その真ん中に、大きな柳の木があった。こんなに所に柳があったかな。鬱々とした気配に取り囲まれて歩いている人みたい。あれは私? まるでオバケだね。
Screenshot_2017-08-25-12-50-08.png
posted by 牧師 at 18:15| 日記

8/21

 どうしても見たい美術展を、新聞で見つけていた。渋谷でやっている「ベルギー奇想の系譜」展だ。ボッシュやブリューゲル、マグリットまである。見たい、見たいと願っていた。そして娘と連絡して急遽、午後から会社の休みを取ってもらって、渋谷で待ち合わせ。
IMG_20170821_142653.jpg
 入口の前に写真コーナーがあって、ボッシュの「七つの大罪」を描いた絵の一部のパネルが置いてある。その中に入ると、自分も絵の一部になれる。桶の中にいるのは修道士と修道女。怪物の鼻から貪欲の徴のコインがジャラジャラ出てくる。私も桶の中に入って怪物の鼻をほじくる。絵に溶け込んでいるでしょ。ヤバイね。
IMG_20170821_143821.jpg IMG_20170821_163617.jpg
 ネットで調べたら鼻がクラリネットみたいになっている、可愛い怪物が出ていた。それが桶のそばにいた。分かるかな。今回の展示のキャラクターになっているようだ。
IMG_20170821_164029.jpg IMG_20170821_164101.jpg
 美術館は見ごたえ十分で、3時間近く見てしまった。外に出たら、たくさんの人とたくさんの店。行くときはタブレットばかり見ていたから、気が付かなかった。店頭に水槽が置いてあって、ウツボや熱帯魚が、まるで町の中を泳いでいるみたい。
IMG_20170821_171157.jpg
 でも久しぶりの渋谷。昔とずいぶん変わった。スクランブル交差点で、外国人が録画している。新宿に出て、娘と夕食。それから高速バスのターミナルまで送ってもらって、バイバイ。
 5月に美術館に行って以来、休暇なしだったから、息抜き出来て楽しかったよ。つきあってくれて、ありがとうね。
posted by 牧師 at 15:39| 日記

8/20

 礼拝後、神山教会の礼拝奉仕。神山に着いて車を出た途端、暑い!同じ御殿場なのに、こっちの方が暑いよ。神山教会の会堂に入ったら、一番前の席にUさんがいらした。名前を呼んだけど、聞こえないみたい。耳元で思い切り大きな声で、中島ですと言ったら、分かってくださった。すでに目も見えず、耳もほぼ聞こえない。それでも礼拝に来ておられる。病室から、ここまで看護師さんに車で運ばれて来たのだろう。
IMG_20170723_054505祈り.jpg
 礼拝説教は多分、何も聞こえていなかったはず。不思議だけど、主の祈りや使徒信条の時、口が動いて、言葉が出てくる。何か特別な感覚で分かるのだろうか。とにかく一緒に礼拝が守れて感謝だった。御殿場教会の長老さんたちが応援で参加してくれた。礼拝後は病院から、Uさんのために看護師さんが車でお迎えに来ていた。

 何も見えず、何も聞こえないけれど、礼拝に共にいてくださるイエス様の姿が、Uさんの心の目には見えていたんだ。心の耳でイエス様の声を聴いていたんだ。そしてイエス様に触れていただいていることを、しっかり感じ取っていたんだ。
 信仰は素晴らしい。信仰の力は強い。それは神様から、イエス様から、どんな時でも愛されていることを信じる力だ。
 愛されているから、生きていくことが出来る。
posted by 牧師 at 13:18| 日記

2017年09月09日

8/16

 牧師館では夕食を終えて、明日の十字の園の礼拝準備をしていた時、青年たちから「教会の台所でタコ焼きを作って、食べて、花火大会」との連絡が入った。
 タコ焼きがうまく出来上がった頃、ご招待された。夕食を済ませたばかりだったけど、おいしい匂いに誘われて、つい食べてしまった。うまい!そして上手に丸く作れている。たいしたもんだ。
IMG_20170816_200846.jpg
 パタパタと後片付けした後、教会の駐車場で花火大会。小さくて可愛い花火だけ。久しぶりだよ。こうして花火をするのは。意外と楽しい。そして線香花火の火花がとてもキレイだ。
IMG_20170816_212954.jpg
 花火をしているうちに、みんなが童心に戻る。そしてそれぞれ花火をもったまま、走ったり、追いかけたりし始めた。私も花火をもって「悪い子はいねがぁ〜。礼拝をサボる悪い子はいねがぁ〜」と言いながら、みんなを追いかけた。大笑いした。
 東京だったら夜、こんな風に、はしゃいで大笑いしたら、すぐ110番に通報されちゃうけど、御殿場はいいなあ。楽しかった。ありがとうね。
posted by 牧師 at 00:30| 日記

2017年09月08日

8/6-7

 毎年、富士教会と合同で夏期キャンプに行く。今年も大型バスで朝霧高原へ出発。台風が接近しているのが心配だったけれど、1日目は雨も降らず、キャンプのテーマ「神様の約束」について、3組に分かれて、それぞれが聖書の意味を考え、話し合い、どのように表現するか、アイディアを出し合った。夜は成人分級で、中学生以上が集まり、懇談。日常での信仰の疑問など、率直に語り合った。でも消灯時間が早すぎるのが、残念。まあ、そのおかげで久しぶりに12時前に眠った。
IMG_20170807_070451.jpg
 朝、起きたら、同じ部屋の人たちが、着替えも済ませて、ラジオ体操に行く準備もできてる。早っ。謎が解けました。明け方、私の寝言で、同室の方々を起こしていたのだ。ごめんなさい。
毎年のことだけど、寝相はずいぶん良くなったのに、寝言だけは治らないのよ〜!
 今年のキャンプには未就学児を連れた親子が、何組も参加してくれて、平均年齢がぐっと若返った。「神様の約束」を3組が、聖書に基づいて、それぞれ劇にして発表しあった。
 神様は年寄りのアブラハム夫婦に子供が生まれ、子孫は星の数ほど増えて、祝福されると約束。そして神様の約束の通り、100歳のアブラハムにイサクが生まれた。イサク役のDちゃんは本番でネンネ。だってまだ1歳だから。
DSC00434.モザイクJPG.JPG
 次はエジプトで奴隷の民だったイスラエルの人々を、80歳のモーセが ファラオと交渉して、人々をエジプトから無事に脱出させるという神様の約束。モーセが何度も頼むけれど、ファラオは全く聞く耳を持たず、恐ろしい10の災いがエジプトを襲う。その結果、神様の約束通り、人々はエジプトから無事に脱出をする。ファラオ役のNちゃん、強そうで、役にはまってました。
DSC00439.モザイクJPG.JPG
最後の組は、旧約から新約聖書までの歴史を紐解いて、イエス様こそが神様の約束の中身だと、うまい構成で展開。アブラハムからイエス様の系図の中に登場する少年ダビデが、大男のゴリアテを倒す場面。ゴリアテ役は桑原牧師。なかなかの役者魂ですよ。
DSC00476.JPG
 こうして3組とも、短時間で「神様の約束」を印象深く演じました。この後、「ぐりんぱ」に行って遊ぶはずだったけれど、雨が降ってきて、室内で自由時間。でもトーマスのレゴがあったりして、小さい子供は大喜び。大人は椅子に腰かけて休息タイム。バスが御殿場教会に帰り着いた時、雨が一番激しくて、びしょぬれになってしまったけど、誰もケガをしたり病気にならず、守られて2日間を過ごせて、神様に感謝です。
posted by 牧師 at 23:46| 日記

7/31

 夏らしい礼拝後、教会の駐車場でバーベキューを楽しんだ。牧師館のガレージの前にテントを張って、テーブルを並べ、炭火を起こす。みんなで手分けして、手際が良い。久しぶりに礼拝に来れた青年たちもいて、大いに食べて、飲んで(コーラや麦茶)、話して、笑った。
IMG_20170730_133425.jpg
IMG_20170730モザイク_194732.jpg
 暑い日だったから差し入れのアイスキャンディが冷たくて、ありがたかった。後片付けも、みんなで手早く、お見事。まだ話し足りない、遊び足りない青年たちは、教会の集会室に場所を移して、楽しく二次会へ。若いって、頼もしい。
posted by 牧師 at 22:09| 日記

7/27

 雨が多くて、朝晩が冷え込んでたけど、ようやく夏らしくなってきた。
十字の園の礼拝に行く途中にある田んぼも、この前、田植えをしたと思ったのに、今は稲がビッシリ伸びて、青々している。青春してますって感じ。私も気持ちだけは青春してるんだけど、体がはるか彼方で息切れしてる。幽体離脱。
IMG_20170727_082649.jpg
posted by 牧師 at 21:09| 日記

2017年09月06日

7/18

 牧師のブログなのに、牧師らしい話より圧倒的にバラの写真が多い。完全に個人の趣味です。申し訳ありません。でもバラの写真を教会のホームページで見てくださった方が「教会のバラは、笑っていますね」と言ってくださったとか。うれしい。そこで最近のバラの写真を、一気にご紹介いたします。まずはピンクの「ティファニー」。
IMG_20170718_151152ティファニー.jpg IMG_20170718_151338ティファニー.jpg
 前にも紹介した「アンネ」のバラの姉妹「祈り」。白から肌色のグラデーションが清楚。
IMG_20170718_155838.jpg IMG_20170718_152414祈り.jpg
 ピンクのほのかな縁取りが上品な「プリンセス・ドウ・モナコ」。
IMG_20170718_152442.jpg
薄いピンクが初々しい「ブライダルピンク」。切ってグラスに入れました。
IMG_20170718_151906ブライダルピンク.jpg IMG_20170719_051038.jpg
名前は分からないけど写真より、もっとキレイな赤いバラ。そして中心がオレンジで外が黄色のバラ。バラが増えていくうちに、名札が取れたりして名前が分からなくなってしまう。残念。
IMG_20170718_152337.jpg IMG_20170718_195704.jpg
中輪のフリルが可愛い「マチルダ」と、まだ小さいけど咲くと大輪になる「パローレ」。
IMG_20170809_203844.jpg IMG_20170801_171448パローレ.jpg
 雨が多いから花が咲くと、なるべく切ってグラスに入れて飾っておく。これはゴージャスな深紅の「ベルサイユ」と白い「マリーアントワネット」のスペシャルコンビ。
IMG_20170725_145803ベルサイユとアントワネット.jpg
 ラストは大好きな、白い「ヨハネ・パウロ2世」とオレンジの「ローラ」と「プリンセス・ドゥ・モナコ」。とっても良い香り。
 どうですか。バラが笑っているように見えましたか。
IMG_20170725_150701.jpg
posted by 牧師 at 05:00| 日記

2017年09月05日

7/17

 東海連合長老会の長老執事修養会が、御殿場教会で開催。会場教会として、礼拝後は教会員と共に会場の設営の準備などして、あちこちに気配り。修養会の当日は受付時間前から早く来られる方々のために、早めに教会を開けて、準備をしておくけれど、肝心の配布物がまだ届いていないよぉ。
 今年の修養会の主題は「牧師招聘」。開会礼拝は私が担当。なんで?なんでこの主題で、私が説教するのかな。東海連合長老会が昔、発行した「牧師招聘の手引き」に従って、桑原睦彦牧師が講演して、これを受けて午後は分団協議と全体会を行った。
IMG_20170717_104932.jpg IMG_20170717_104940.jpg
 牧師を教会に招くのはそれぞれの教会だけど、でも信仰的に言うと牧師を、教会に遣わしてくださるのは神様。招く方も招かれる方も、互いに祈り合い、神様の前にへりくだり「神様の派遣」を信仰をもって受け入れる必要がある。
 しかし実際はトラブルがつきまとう。このトラブルは牧師にとって大概、大きな傷となって、後々まで引きずることになる。そして牧師が病んで、辞任や転任となることも多い。
 せめて牧師同士が、足の引っ張り合いをしたり、陰口を叩くのは止めて欲しいよ。
posted by 牧師 at 22:53| 日記