2018年05月07日

4/30

 朝、十字の園から連絡があり、急いで駆けつけた。信仰者の方で、もう息はなかった。聖書を読み、お祈りをささげた。医師も来て、死亡を確認した。101歳。長い旅路を、お疲れさまでした。これからは神様の命の中で、ゆったり過ごしてくださいね。
IMG_20180430_112635.jpg
 教会に戻る途中、ゆうゆうと鯉のぼりが空を泳いでいた。ああそうか。明日はもう5月だ。デカい鯉のぼりだなぁ。
 娘が言っていた「御殿場の空は広い」という言葉を思い出した。そうだね。空が広くないと、鯉のぼりはゆうゆうと空を泳げないもんね。御殿場はいいなあ。空が広い。
posted by 牧師 at 17:31| 日記

4/26

 昨日は大雨だった。降った雨が田んぼに溜まって、湖みたいになってる。この写真を東京にいる娘に送ったら、「御殿場は空が広いね」だって。ふうん、そうか、そうかもね。
IMG_20180426_083336.jpg
 今日は十字の園の礼拝が終わったら、納骨式があるので、いちど教会に戻る。だんだん日が照ってきた。バラの植木鉢も、たっぷり雨を浴びた後、暖かい日差しに照らされて気持ちが良かったのか、咲いてた。渋い色の「王朝」。花弁の間に、雨のしずくが丸く光ってる。
IMG_20180426_093407王朝.jpg
 納骨式は富士霊園。昨日みたいな大雨じゃなくて、良かったよ。富士山が少し顔をのぞかせている。木々は新緑がまぶしい。サツキだろうか、ピンクや赤のモコモコの山が、マカロンみたいで、おいしそうだ。納骨は昨年の暮れに逝去された教会員の方。ご主人のお骨の隣に無事に納められた。とても仲の良いご夫妻で、夫人は今日のお天気みたいに、ホカホカの笑顔の方だった。
IMG_20180426_101501.jpg

IMG_20180426_101525.jpg
posted by 牧師 at 16:53| 日記