2015年12月01日

11/29

 アドベントの伝道礼拝だ。クランツにはキャンドルが4本並び、1本目に火が灯る。クランツの周りの赤い実は、Kさんが自宅の庭にあるバラの実のついた枝を分けてくださったので、飾った。ここまでは良かった。
151129伝道礼拝_1639~02.jpg

151129伝道礼拝_1641~01.jpg
 子供の礼拝後、クリスマス祝会で行う子供たちの生誕物語の練習を、私が担当することになっているけど、ヤバイ、声が出ない。そしてそのまま伝道礼拝の本番に突入。久しぶりに来られた方、初めて来られた方もいるのに、肝心の牧師の声が、ひどすぎる。大きい声を出そうとすればするほど、声がひっくり返ってしまう。ごめんなさい。普段の不摂生が、こういう形で神様に叱られるんだ。機転を利かせて、T長老が急遽、聖書朗読を代わってくださった。ありがとうございます。
 説教を語ったけど、聞きづらかっただろうな。ごめんなさい。説教って「もう一回」ってやり直しがきかないんだよね。本当にごめんなさい。あー神様、どうか今日の説教を聖霊で補ってください。
151121_1953~02.jpg
 午後から、ニカイア信条を聖餐式のある礼拝で採用することについて、懇談会を開いた。既に長老会では採用が可決されているけど、教会員に広く理解してもらうことが必要だと長老会で意見が出ていた。これまでもニカイア信条の講解説教をしたり、礼拝後に手作りのレジュメでニカイア信条の特徴などを説明してきた。でも今日は自由に教会員から、質問や意見を出してもらおうということ。今回、日本基督教団信仰告白とニカイア信条を並べたプリントと、世界教会信条(使徒信条、ニカイア信条、カルケドン信条、アタナシウス信条)と福音主義教会信条(国々や教派でたくさんある)のプリントを、みんなに渡したことで、ニカイア信条の役割や良さが一層ハッキリしたみたいで、出席者は笑顔で帰られた。
 O長老がそばにいて、マイクを持ってくれたり、ホワイトボードを支えていてくれたり、色々とホローしてくださるのが有難かった。私、恵まれているなぁ。

 牧師館に戻る。娘が夫を心配して最近、何度も教会に来ている。でも今日は礼拝に遅刻。そしてお昼のおいしい鮭粕汁を食べるところに到着。まぁいいか、一緒にニカイア信条の学びができたから。娘も「分かりやすかったよ」と言っていた。娘が分かるなら、みんなも分かるはず。
151129_伝道礼拝1525~01.jpg 
 娘が今日、教会に来た目的は夫のお見舞いだけではない。自分の誕生日が近いから、それを祝ってもらうためだ。娘の魂胆は見え見え。ちゃんとケーキも注文しておいた。娘は大喜びしながら、遠慮なくケーキの半分を自分の皿に盛りつける。夫の分は少しだけね、これ愛情だから。残りは私がいただきます。娘は本が好きで、私の好きな絵本作家・田村しげるのサイン会にも行って、イラスト付きのサイン本と田村しげるのミニカレンダーと定規、そしてこれも私の好きなサイバラのマンガをプレゼントしてくれた。ありがと。ウレピー!どれも私のツボ、ど真ん中。
 娘いわく「お母さんの喜びそうな物は分かりやすいんだよね」。あんたに言われたくないわ。
151129伝道礼拝_1826~01.jpg

151129伝道礼拝_1827~01.jpg
posted by 牧師 at 22:13| 日記