2016年01月23日

1/16

 携帯の目覚ましで、一発で起きられた。やればできるじゃん、私。昨日行ったカフェで、友人がスコーンを買っておいてくれたので、それが朝食のお皿の上に。スコーンにもピーターの焼き印?がついている。とてもおいしかった。スコーンて、それまで余りおいしいとは思わなかったけど、温めるとおいしさが増すんだって。そうか。勉強になった。
160116_0742~01.jpg
 土曜日でお休みなのに、ご主人が私たち二人を近くの駅まで送ってくださる。ありがとうございます。デカイ車。後ろのドアを開ける時、隣の車に当たりそうになるから慎重に慎重に。隣の車も超高そうだから、傷なんかつけたら大変だ。駅に着くと、すぐ電車が来る。これが東京だよね。途中、銀座線に乗り換えて上野へ。あれ、もっと美術館の近くに出られると思ったけど。あの出口はJRの出口なのね。地下通路でもいいから、メトロから美術館前の出口に出られるようにしてくれたらいいのに。坂を上って行ったら、目の前に西洋美術館が見えてきた。懐かしいなぁ。
 彼女と初めて上野の美術館に来たのは中学生の時、ルノアール展を見に行った。お揃いで「少女」のプリントを買ったっけ。お揃いと言えば、私はオサムのトートバックを持ってきたのに、彼女は普通の革バック。「お揃いのオサムのバックを持っていくって言ったのに、どうして持ってこなかったの」と聞いたら「それ夏物じゃない」とあっさり。一緒にオサムのバックを持って、東京の街を歩きたかったのに!裏切り者め。(`^´)
 動物園の横にスタバが出来てる。その隣を通り抜けたら、東京都美術館だ。初日なのに思ったより空いている。コンビニでケットした「おまけつき前売り券」で早速入場。ボッティチェリと言えば、まず思い浮かぶのが「ビーナスの誕生」や「春」。でも今回は聖書にちなんだ場面が数多くあって、すごく楽しい。東方の三博士の礼拝の場面には、さりげなく自画像が描かれている。この自画像は出口の所にも「書物の聖母」と共にコピーがおいてあった。
160116_1139~02.jpg 160116_1139~01.jpg
 やはりポスターにも使われるだけあって「書物の聖母」は美しいだけでなく、キリストの受難を示す3本のクギや茨の冠が描き込まれていて、感嘆。他にもアウグスティヌスが霊的なインスピレーションを与えられた瞬間の場面、「アペレスの誹謗」と言う無実の周りに誹謗や不正、中傷が擬人化されている絵の前などで、しばし立ち止まり、見入った。
 出口のところでチケットと引き換えに「書物の聖母」のしおりをもらう。金色で中央に「ボッティチェリ」と書いてある。何だか物足りないデザインだと思って見てたら、友人がしおりの周りの模様が、聖母の光輪の模様と同じことに気がついた。そうか。だから「書物の聖母のしおり」って言うのね。納得。
160116_0246~01.jpg 160116_0245~01.jpg
 同じ美術館の中で他にも色々な展示があったので、のぞいてみたかったけど、この後「フェルメールとレンブラント展」を六本木まで見に行くから、大きなポスターの前で写真を撮って退場。あれ、こっちが正門だったのね。大きなポスターが掲げてあった。
2016116  DSCN1393.JPG
2016116  DSCN1399.JPG
 地下鉄で、六本木の森アーツセンターギャラリーへ。ビルの高さに口をあんぐり。初めて来た。ビルの高さには驚いたけど、展示物の内容はうーん、いまいちね。作品数が少なすぎるでしょ。期待し過ぎていた私たちが悪いのかもね。ビルの高さをせめて楽しみながら、下に降りると、映画もやっているらしい。それも「バディントン」。我が家にもバディントンがある。だから見たかったんだ。2人でチケットを買った。同じ趣味で良かったね。
2016116  DSCN1403.JPG
2016116  DSCN1401.JPG
2016116  DSCN1410.JPG
 映画は「パディントン」を選んで大正解。笑って、泣いて、ドキドキした。そして危機一髪のところを助かった時は、思わず拍手。そしたら隣の友人が「うるさいよ」と注意。えっ、と我に帰る。私、うるさかったの?映画の世界に入り込んでいて、周りが見えなくなってたみたい。ごめん。でもすごーく楽しかった。良い映画だったね。
2016116  DSCN1408.JPG

2016116  DSCN1405.JPG
 外に出たら、もう夜。でもビルの明かりがきれい。手ぶれした夜景の写真もきれいだ。ここからまた友人宅に向かって帰る。電車をいくつか乗り換えたらすぐ。早っ。駅にはまたご主人が車で迎えに来てくださっていた。私たちは遊びまわっていたのに、ご主人に迎えに来てもらって申し訳ない。途中、成城石井に寄るって友人が言う。あの成城石井が出来たの?スゲー。久々に入る成城石井。そしてカスピ海ヨーグルトとカッテージチーズを発見!御殿場ではお見かけできない大好物。私はこの二つを買った。
 帰宅したら次女のYちゃんがいた。大きくなったね。そりゃそうだ。私も年を取ったんだから。そして楽しくおしゃべりしながら、買ったばかりのヨーグルトをペロリと1カップ食べきった。おいしかった。チーズは明日のお楽しみにとっておこう。ああ、もう最後の夜だ。また泊まりに来れるかな。そう思ったら胸がズキンと痛んだ。
posted by 牧師 at 22:56| 日記