2016年02月09日

2/1−2

 今日から分区の一泊牧師会。場所は伊豆長岡。朝、出かける時、雪が降っていたので、折り畳みの傘にマフラー、コート、ブーツの重装備。御殿場から電車で行く。御殿場線に乗り込んだら、駅員さんの大きな声にびっくりした。運行確認のための声だけど、やたら大きい。新人研修なのかな。もう一人の駅員さんが何やらメモっている。
160201_1257~02.jpg
 東京では片道2時間、往復4時間の通学通勤が当たり前だった。だから電車の中でたくさん本が読めた。その時と比べると今は直接、仕事に関する本以外、あまり読んでない。何でだろう。1日24時間は変わっていないのに。でも今日は電車の中で、読みかけの本をじっくり読める。ありがたい。
160201_1312~01.jpg
 三島で乗り換えて、伊豆長岡に向かう。あまり乗らない路線なので、駅名の読み方が珍しかった。例えば、「原木」は「ばらき」。「伊豆仁田」は「いずにった」。「大仁」は「おおひと」。「牧之郷」は「まきのこ」。「大場」は「だいば」。日本語は難しいね。
160201_1346~01.jpg
 分区牧師会は全国連合長老会みたいに、夕食後の研修はなくて解散だから助かる。今夜は早く寝るぞと思ったけど、寝る前に飲む薬を持ってくるのを忘れてしまい、寝られない。
 翌日は終了予定が早くなってラッキー。家に帰ったら、薬を飲んですぐ寝たい。伊豆長岡駅に世界文化遺産登録された韮山反射炉の広告が貼ってあった。この近くにあるらしい。別に見たいとは思わないけど。それより駅のホームに「つるし雛」が飾ってあるのに見とれた。白いのはカイコのまゆだま、他に手縫いのエビ、カメ、鯛、大入袋などの縁起物がたくさん吊るしてあって、おもしろい。
160202_1104~01.jpg 160202_1107~01.jpg
160202_1108~01.jpg
 早く帰りたいけれど、三島から沼津まで、電車に乗る時間は5分ほどなのに、電車を待つのに20分以上もかかる。そして沼津から御殿場線に乗り換える時も20分以上、待つ。勘弁してよ。
 疲れてヘロヘロで帰宅。大きな小包(?)が届いていた。高校の同級生Eちゃんからだ。彼女は伊豆高原でギャラリーを開いていて、琥珀アクセサリーのデザインもしている。東北大震災の時、琥珀の産地・久慈の支援のため、琥珀アクセサリーの販売をして、私もいくつか買い求めた。それらは今も大切に愛用している。包みを開けてみたら、バラの柄のふかふかパジャマと絹の靴下。パジャマは厚手で超あったかい。寒い御殿場の冬にはピッタリのパジャマだ。絹の靴下は履いたことがないけど、すごく暖かいらしい。ありがとう!Eちゃんは、私がバラが好きだって知っていてくれたんだ。うれしいな。
160202_1328~01.jpg 160202_0311~01-1.jpg
 そうそう、祈祷会のお土産などを買って荷物が多くなったから、泊まった宿の売店で大きなトートバックを買った。ビニール製で1000円のわりには、バラの柄がステキで気にいってる。この前100均の店でバラの柄のスリッパとか、シールとかも買ったっけ。今の時期、庭にバラが咲いてないから淋しくて、ついバラの柄に目がいっちゃう。早速ふかふかパジャマを着て、薬を飲んで即、爆睡。本日は強制終了です。
posted by 牧師 at 03:58| 日記