2016年04月05日

3/18

 木の芽時は不安定になる。2月下旬くらいから、ドヨーンと鉛のような塊が胸に貼りついて、日によっては布団をかぶって寝るしかなくなる。つらくて医者に行く。医者の前だと警戒が解けて、思わず涙が出てくる。でも病院を出ると、ドッと疲れる。警戒を解いて流れ出てしまった疲れを、収拾できないから。
 病院の前の道を挟んだ向こう側に、河津桜が咲いている。もう葉桜になりかけているけど、桜に引き寄せられて道を渡った。ピンク色が優しいのが、ありがたい。桜の覆いの下に私は姿を隠す。
2016318 DSCN1513.JPG

2016318 DSCN1531.JPG

2016318 DSCN1538.JPG

2016318 DSCN1542.JPG
 
 病院の方を振り返ると、富士山がいた。
2016318 DSCN1545.JPG
posted by 牧師 at 00:12| 日記