2016年04月05日

4/4

 3月の中頃から怒涛のような忙しさが続いた。3/20受難週礼拝、3/26イースターエッグ作り、3/27イースター礼拝と教会懇談会。それが終わったら、4月3日の長老会に提出する教会総会資料を作成しなくてはならない。そこに突然、葬儀屋さんから葬儀の依頼が飛び込んできた。満員の新幹線自由席で、座り切れない人たちは立つしかないように、通常の教務の他に、別の仕事が入ると睡眠時間を削るしかない。やり通せるだろうか。不安と焦りでいっぱい。長老さんたちや祈祷会のみんなに祈ってもらった。そして葬儀から納骨式まで無事に果たすことができた。帰宅して沈没、爆睡。
160402_1521~02.jpg 160402_1522~01.jpg
160402_1520~02.jpg
 そして起きたら土曜日の昼。まだ説教準備は何もできていないのに、机にむかわないで教会の庭を歩く。現実逃避。色々な水仙があちこちに咲いている。金属パイプが置かれている隙間から、茎を伸ばしている根性者の水仙もいる。遅めにチューリップの球根を植えたのに、つぼみがふくらんでいる。けなげだ。部屋に戻っても、しばし現実逃避。この前、隣のスーパーで咲いているバラの鉢を買って部屋に置いた。つぼみは黄色だけど花が咲くと、だんだんピンクが混ざって、まだらになる。香りも良い。何という名前のバラだろう。
160402_1516~01.jpg 160402_1517~01.jpg
160402_1517~02.jpg 160402_1518~01.jpg
 ダメだ。お祈りをして仕切り直し。結局、礼拝説教準備は朝までかかった。それから朝風呂に入って、服を着たら9時、教会学校の礼拝に滑り込む。讃美歌を歌うと喉が痛い。ヤバイ、大人の礼拝説教、大丈夫かな。でも何とか大人の礼拝説教を語り終え、長老会で総会準備にとりかかる。中身の濃い長老会が終わると、シメは夕礼拝だ。
 そして今日、4/4月曜日は、教区や全国連合長老会に1年間の年度報告を書いて、郵送しなくてはならない。郵便局から帰って来たら、教会の庭にチューリップが咲いているのに気がついた。土曜はまだつぼみだったのに、ちゃんと咲いてる。黄色のチューリップだったんだ。カワイイ。他にも小さなブドウを逆さにしたようなムスカリとか、愛らしいスズランとか、名前が分からないけど淡いブルーが清楚で星のような花たちが、教会の庭のあちこちに咲いている。
160402_1506~01.jpg 160404_1106~01.jpg
160404_1110~01.jpg 160322_1609~01.jpg
160404_1109~01.jpg 160404_1107~01.jpg
 こうして無事に、花たちを眺めていられる。夢みたいだ。「車がガンガン走っている高速道路を、上下線とも歩きながら、横切って渡った」と言う感じ。生き残れて良かったなぁ。やっぱり皆に祈られていたからだ。そしてイエス様がすべて導いてくださったからだ。神様に不可能はない。神様の全能に固く信頼していればいい。つぶやかないで、目の前に置かれた成すべきことに、ひたすら取り組んで行けばいい。全能の神様が必ず助けてくださる。 
posted by 牧師 at 04:49| 日記