2016年09月27日

8/15

 71年目の敗戦記念日。71年も戦争をしなかったことは、日本にとっても世界にとっても、善いことだったに違いない。でもシリアなどの紛争地域の新聞記事を読むたび、当たり前のように食べて、寝て、職場や病院や学校に行き、遊び、花を愛でるなど、私達は同じ地球にいて、なんて贅沢をしているんだろうと思わされる。
160815_1025~01.jpg 160813_プリンセス-ドゥ-モナコ1522~02.jpg
160813_クィーンエリザベス1523~02.jpg 160813_クィーンエリザベス1523~03.jpg
 今朝、小さい真っ赤な朝顔が咲いた。私が勝手に「宇之助アサガオ」と名前をつけた。Yさんの愛猫で、昨年の8月の初めに天国に行ってしまったお猫の名前。植木鉢は下にあるけど、つるがグングン高い所まで伸びて、花は小さいくせに上から目線で、人間を見下ろしている。かつて宇之助君がそうしていたように。
 他にも淡いピンクの「プリンセス・ドゥ・モナコ」や、しっかりしたピンクの大輪「クイーン・エリザベス」が初めて咲いた。
160813_アンネフランク1530~02.jpg 160817_アンネフランク1127~01.jpg
 そして敗戦記念日に合わせたかのように、「アンネ・フランク」のオレンジ色のバラが咲いた。
これで「ピース」が咲いてくれていたら、完璧だったんだけど、無残にも虫に食べられてしまって「ピース」は平和を保てなかった。
160812_1240~01.jpg

160812_1241~01.jpg
 先週、ある方の家で、苔の花を見せていただいた。「苔」に花が咲くなんて知らなかった。妖精のマッチ棒のような小さな丸い赤い花が、苔の中からピョコピョコ顔を出している。苔の花は庭の古い木のベンチに咲いていた。家人は苔の花を咲かせるために、ベンチ一面に生えた苔に、水をやっている。こうなると最早ベンチではなくなるね。苔の花に占領されたベンチに座れるのは、妖精だけだ。妖精のために庭のペンチを譲り、さらに水まで与える心の広さがあれば、世界はもっと丸く、平和になれるのかな。
posted by 牧師 at 02:00| 日記