2017年09月05日

7/17

 東海連合長老会の長老執事修養会が、御殿場教会で開催。会場教会として、礼拝後は教会員と共に会場の設営の準備などして、あちこちに気配り。修養会の当日は受付時間前から早く来られる方々のために、早めに教会を開けて、準備をしておくけれど、肝心の配布物がまだ届いていないよぉ。
 今年の修養会の主題は「牧師招聘」。開会礼拝は私が担当。なんで?なんでこの主題で、私が説教するのかな。東海連合長老会が昔、発行した「牧師招聘の手引き」に従って、桑原睦彦牧師が講演して、これを受けて午後は分団協議と全体会を行った。
IMG_20170717_104932.jpg IMG_20170717_104940.jpg
 牧師を教会に招くのはそれぞれの教会だけど、でも信仰的に言うと牧師を、教会に遣わしてくださるのは神様。招く方も招かれる方も、互いに祈り合い、神様の前にへりくだり「神様の派遣」を信仰をもって受け入れる必要がある。
 しかし実際はトラブルがつきまとう。このトラブルは牧師にとって大概、大きな傷となって、後々まで引きずることになる。そして牧師が病んで、辞任や転任となることも多い。
 せめて牧師同士が、足の引っ張り合いをしたり、陰口を叩くのは止めて欲しいよ。
posted by 牧師 at 22:53| 日記