2017年09月08日

8/6-7

 毎年、富士教会と合同で夏期キャンプに行く。今年も大型バスで朝霧高原へ出発。台風が接近しているのが心配だったけれど、1日目は雨も降らず、キャンプのテーマ「神様の約束」について、3組に分かれて、それぞれが聖書の意味を考え、話し合い、どのように表現するか、アイディアを出し合った。夜は成人分級で、中学生以上が集まり、懇談。日常での信仰の疑問など、率直に語り合った。でも消灯時間が早すぎるのが、残念。まあ、そのおかげで久しぶりに12時前に眠った。
IMG_20170807_070451.jpg
 朝、起きたら、同じ部屋の人たちが、着替えも済ませて、ラジオ体操に行く準備もできてる。早っ。謎が解けました。明け方、私の寝言で、同室の方々を起こしていたのだ。ごめんなさい。
毎年のことだけど、寝相はずいぶん良くなったのに、寝言だけは治らないのよ〜!
 今年のキャンプには未就学児を連れた親子が、何組も参加してくれて、平均年齢がぐっと若返った。「神様の約束」を3組が、聖書に基づいて、それぞれ劇にして発表しあった。
 神様は年寄りのアブラハム夫婦に子供が生まれ、子孫は星の数ほど増えて、祝福されると約束。そして神様の約束の通り、100歳のアブラハムにイサクが生まれた。イサク役のDちゃんは本番でネンネ。だってまだ1歳だから。
DSC00434.モザイクJPG.JPG
 次はエジプトで奴隷の民だったイスラエルの人々を、80歳のモーセが ファラオと交渉して、人々をエジプトから無事に脱出させるという神様の約束。モーセが何度も頼むけれど、ファラオは全く聞く耳を持たず、恐ろしい10の災いがエジプトを襲う。その結果、神様の約束通り、人々はエジプトから無事に脱出をする。ファラオ役のNちゃん、強そうで、役にはまってました。
DSC00439.モザイクJPG.JPG
最後の組は、旧約から新約聖書までの歴史を紐解いて、イエス様こそが神様の約束の中身だと、うまい構成で展開。アブラハムからイエス様の系図の中に登場する少年ダビデが、大男のゴリアテを倒す場面。ゴリアテ役は桑原牧師。なかなかの役者魂ですよ。
DSC00476.JPG
 こうして3組とも、短時間で「神様の約束」を印象深く演じました。この後、「ぐりんぱ」に行って遊ぶはずだったけれど、雨が降ってきて、室内で自由時間。でもトーマスのレゴがあったりして、小さい子供は大喜び。大人は椅子に腰かけて休息タイム。バスが御殿場教会に帰り着いた時、雨が一番激しくて、びしょぬれになってしまったけど、誰もケガをしたり病気にならず、守られて2日間を過ごせて、神様に感謝です。
posted by 牧師 at 23:46| 日記