2017年11月29日

10/5

 まだチャプレンとしての許可は出てないけれど、もう10月だから、上着を着て行こう。
 以前、十字の園の礼拝での服装を、教会員に注意されたことがあった。「どこの派手なおばちゃんかと思った」。
 日頃から、オシャレも派手な格好もしていないけど、普段着のスヌーピーのトレーナーとジーンズで、礼拝説教に行っていた。「それは牧師の服装じゃないでしょ」。「はい、ごめんなさい」というわけで、数月前から、十字の園での礼拝には、白いワイシャツかブラウスに、冠婚葬祭用の黒のスカート(ずっと着たことがなかった)を着て礼拝に行っている。
 そこへ上着を着てしまうと固すぎるな。施設の中を歩き回って、利用者の方や職員の方から気軽に声をかけてもらえなくなるとイヤだ。
IMG_20171005_075713.jpg IMG_20171007_202726.jpg 
 そこで私の「お気に入り」の登場。東君平、たむらしげる、原田治のバッチを、上着のエリに並べて付けた。うん、いいねぇ。これで私らしくなった。説教は真剣だけど、施設の中を巡り歩く時は「教会からのボランティアさん」。
 チャプレンという言葉を辞書で引いたら「施設つきの牧師」の他「従軍牧師」と書いてあった。
信仰者はキリストの兵士だ。牧師が戦場に派遣された「従軍牧師」というのは、良い得て妙だ。敵前逃亡は出来ないね。
posted by 牧師 at 01:49| 日記