2018年01月03日

12/22

 23日のイブ礼拝とコンサートのため、お昼に演奏者の武久源造先生と山口眞理子先生を高速バス停までお迎えに行った。教会に着くと同時に、トラックでチェンバロも到着。早速、運び入れる。コンサートやクリスマス礼拝には、オルガンだけでなく、チェンバロ、ヴァイオンが聴ける超豪華版だ。楽しみで仕方ない。でもそのために、1年間調律をしていない教会のオルガンを、先生たちが調律。オルガンもチェンバロも木製の楽器だから、室内の温度で音色が変わる。先生たちは夜の6時頃まで調律をしていた。ありがとうございます。
IMG_20171231_205311.jpg
 その後、コンサートのリハーサル。そばで聴いていて楽しい。武久先生が片手でオルガンを弾きながら、テンポ良く太鼓を叩いたり、タンバリンを叩いたりスゴイ。明日、みんなビックリするだろうなぁ。
IMG_20171222_200748.jpg

IMG_20171222_201034.jpg
posted by 牧師 at 14:36| 日記