2018年02月23日

2/3

 明日の礼拝に備えて説教準備をしていたら、外でザク、ザクと音がする。あれ、誰かが雪かきしているのかな。外に出てみたら、教会の青年が駐車場の雪かきをしてくれていた。わあ、ありがたい。かと言って、自分だけ部屋に戻って、説教準備しているわけにも行かないよな。着替えてスコップを手に、私も雪かきを始めた。
 この前の雪とは違って、固く凍っていないから、プラスチックのスコップでも雪かきが出来る。まず教会の前から通りの道路に向かって道を作る。それが出来たら、今度は広い駐車場の雪かき。これがたいへんなのよ。
 ジャマにならないよう、雪かきした山を積み上げていく。自分一人だと、なかなか進まないけど、若い人がいると、全然違う。作業が早い。助かるわぁ。
 「助かるわぁ」と安心すると、つい遊び心が出てしまう。積み上がった雪山の上に、もう一つ小ぶりな雪山を乗せて、葉っぱで目と口を作り、小石で目と口をつけた。出来上がり。
 赤ちゃんのイエス様をダッコしているマリアさん。それらしく見えるかな。
IMG_20180203_135831.jpg

IMG_20180203_140036.jpg
posted by 牧師 at 23:28| 日記