2018年11月30日

9/27

IMG_20180927_083436.jpg
 田んぼの稲はすっかり刈り取られていた。週末にかけて大型台風が接近してくるからね。今年は次々と台風がやってくる。今日は、まだ大丈夫だから、十字の園での奉仕が終わったら、午後から他の施設に入所されている方を長老さんたちと訪問する。
 待ち合わせて、住所を頼りに見当をつけながら車で出かけた。こじんまりとした施設だけど、中に入って驚いた。受付の職員の方たちが皆、机をこちらに向けて仕事をしている。だから私達が玄関を入ったら、一斉に顔をあげて、私達に気が付いてくれた。1人の方が立ち上がり、仕切りになっている受付テーブルに来て、用件を聞いてくれて、訪問したい方の部屋番号などを教えてくださった。エリペーターに乗り、廊下を歩いて、部屋を探す。廊下にはゴテゴテした飾りはなく、すっきりしている。教会員の方は個室におられた。聖餐の用意をしてきたので、聖書を読み、メッセージを語ってから、聖餐を行った。お体は不自由だけど、お声が元気で安心する。皆が笑顔になれた。
 部屋を出て受付に戻ったら、また職員全員が顔を上げて、こちらを見てくれた。暖かい視線だ。お礼を言って施設を出たけど、2人の長老さんが「施設のパンフレット、もらって来る」と施設に戻っていった。帰りの車の中で「良い施設だったね」と会話が弾んだ。受付の第一印象って大事だな。玄関を入ってきた人に無関心ではないこと。しかも全員が入ってきた人と対面する形で机を並べて仕事をしているって、いいね。教会の礼拝での受付も、もっと心を込めて担当したい。
 牧師館に戻った時、玄関で小さい朝顔が二つ並んで、こちらを向いて迎えてくれた。朝に弱い私には優しい朝顔なのだ。
IMG_20180926_134840.jpg
posted by 牧師 at 04:54| 日記