2019年10月03日

2/1

 教会の駐車場に、野良猫が何匹かいる。仲良くなりたいけど、以前もひっかかれた。その中に子猫がいる。他の猫は耳にカットの後がある「さくら耳」をしている。それは避妊の手術をしたという印。子猫はまだ手術していない。猫は半年で子供を産むという。市役所で聞いてみたが、教会のある地域では、避妊手術の補助金は出していないと言う。その代り、医者に連れて行ってくれるボランティアさんを紹介されたので、連絡してみた。するとボランティアさんが猫を確保するためのゲージを貸してくれた。
 そこで、教会の青年に子猫を捕まえてもらって、ボランティアさんにゲージごと渡した。メスなら13000円、オスなら7000円の手術代がかかるという。
IMG_20190201_213118.jpg
 翌日、子猫が戻ってきた。メスだった。高いよね、手術代が。保険も効かないし。早速、ゲージから出してやったら、一目散に走って仲間の所へ逃げて行った。そしてこっちを見て、何か報告している感じ。
子猫「痛いよ、痛いよ。怖かったよう」
大人の猫「かわいそうに、よしよし」
子猫「あの人が、いじめたの」
大人の猫「分かった。俺が仕返ししてやるからな」
IMG_20190413_154207とても怖くて痛かったの。可哀想に!.jpg 

IMG_20190201あの人が私をいじめたの。そうか、分かった、まかせとけ.jpg
 あのさ、イジワルしたわけじゃないのよ。なんか私が悪者になってる感じがするんですけど。避妊手術しないと、ドンドン猫が増えて大変なことになるのよ。分かってね。
言っても分かってくれないよね。困っちゃうなあ。

posted by 牧師 at 04:52| 日記