2017年11月29日

10/3

 今年の7月に召された教会員の方の納骨式を、まず富士霊園で行い、次に教会の納骨堂・いこいの園に移動した。7月に召された姉妹とご主人の遺骨、そして戦後、大陸からの引き上げの最中、幼くして亡くなられた二人の幼児の遺品を、納めるためだ。昔の女性はなんて強かったんだろうと思う。我が身を引き裂かれるような悲しみや苦しみを味わいつつ、なお、家族を守って生き抜いていく。
 その方は晩年になって信仰を持たれた方だが、車いすで教会に来ることを、とても喜び、楽しみとしておられた。あれほど凄まじい人生を歩んで来られたのに、それでも信仰は、その人に心からの平安の笑顔を与えてくださる。
 そんな母親を、祖母を持つご家族は、なんと幸せなことか。富士霊園でも、いこいの園でも写真を撮った。召されたご家族が天の本国に戻られたことを確信して、皆さんが良い笑顔だった。
IMG_20171128_223250.jpg IMG_20171128_222908.jpg
posted by 牧師 at 00:59| 日記

10/1

 御殿場教会に赴任後、御殿場十字の園と関わってきたが、主に礼拝説教だけで、利用者の方や職員の方々との親しい関わり合いの機会はなかった。「でもこのままではまずいな」と肌で感じるようになり、長老会から、御殿場十字の園に「牧師を御殿場十字の園のチャプレンとして奉仕させていただきたい」と「お伺い書」を提出することになった。
IMG_20170930_063321.jpg
 奉仕だから、もちろん謝礼はいただかない。でもチャプレンとして受け入れてもらえたら、施設の中を巡り歩きながら、利用者の方々、職員の方々に声をかけたり、お話を伺うことが出来る。元々は御殿場教会から生み出された施設だ。でも残念なことに、教会との関係が弱まりつつあることは事実だ。このまま教会と無関係のただの介護施設になってしまったら、信仰の先輩方にどんなにお詫びしてもお詫びしきれない。何より、神様にどうお詫びしたらいいのか分からない。
IMG_20170930_184843マリーアントワネット.jpg
 毎日の教会の仕事だけで一杯一杯なのに、こんな自分に何ができるのか。私は何もできないし、そんな力もない。でもこのことを思いつかせてくださったのは神様だ。神様が必ず知恵と力を与えて、チャプレンとして私を用いてくださるはず。ぼろ雑巾のような私だけど、何か使い道があるはずだ。少しずつ、前に進んで行こうと思う。
posted by 牧師 at 00:38| 日記

9/29

 26日に教会員が亡くなったと連絡が入った。突然死だった。27日は祈祷会だし、28日は十字の園の礼拝と高根学園の聖書の学びがある。申し訳ないけれど葬儀は29日になった。まだ若くて元気な方だった。いつも明るく、大声で笑っていた。
IMG_20170929_122524.jpg
 葬儀の最初から最後まで、召された方が神様から与えられた信仰を、社会福祉のために心から献げて来られたこと、そして神様からも、ご家族からも、深く愛されていたことが伝わってきた。「これはお父さんがスキだったから」と、棺の中は故人の大好物で埋め尽くされ、棺のフタが閉まらないほどだった。

 教会を出ると空は秋晴れで、斎場までご家族だけでなく、友人など多くの方が付き添われた。斎場に行く途中、大きなタヌキが飾ってあった。心の中で「●●さんに似てる」と思った。目立たなくても、また人から何と言われようとも、神様を愛し、家族を愛し、弱い人たちを愛しぬいて、信仰の生涯を全うされた。神様が天国の門で喜んで迎えてくださるはずだ。
IMG_20170929_143033.jpg Screenshot_2017-09-29-14-49-35.png
posted by 牧師 at 00:02| 日記

2017年11月28日

9/25

 昨日の疲れが残っていてダルイ。でも今日は沼津地区の牧師会があるから出かけなくっちゃ。テンション下がっていたけれど、何か良い香り。外を見たら、キンモクセイ!早い。もうこんなに咲いていたんだ。うれしいなぁ。庭に出て、思いっきり香りを胸に吸い込む。ごちそうさま。
IMG_20170925_123501.jpg IMG_20170925_123401.jpg
 電車で沼津に出て、教会に向かって町の中を歩いて行く。こっちはまだ結構、暑いね。商店街の垂れ幕にキャラクターが印刷されていた。その中に面白いものを発見したよ。
IMG_20170925_160458.jpg
 カワイイ女の子のキャラクターの名前が「津島善子」と書いてある。惜しい。「津」じゃなくて「中」だったら「中島善子」だったのに。1字違いだ。「1字違いで、大違い」と言いたいのは良くわかる。でも今時、珍しいよ。善子なんて名前は。

 牧師会に行ったら誰も来てない。さては日にちを間違ったかも。そう思っていたらK牧師たちがやってきた。良かった。いつも牧師会サボっているから、これで1回アリバイ作り成功。
 帰り際、教会の横にブルーのカッコイイ、ハーレーのバイクが置いてあるのを見た。
IMG_20170925_150228.jpg
 何とK牧師のバイクだった。彼はバイクが大好きなんだって。私のモンキーRの話をしたら、欲しいと言ってくれたので、譲ることにした。売れると思うけど、ずっと乗ってきた大好きなバイクだから、知らない人に乗られるより、知っている人に大切に乗ってもらう方がうれしい。そのうちバイクを取りに来てもらおう。(もう我が家では、私がパイクに乗ることは禁止なのです)
posted by 牧師 at 22:10| 日記

9/24

 礼拝後に、東海連合長老会の第二回会議が田子の浦であり、M長老と出かけた。礼拝説教準備と礼拝で、ほとんど1日のエネルギーは使い果たしているから、会議中は眠気との壮絶なる闘い。いつもなら会議が終わると、新富士から三島、沼津、御殿場の経路で帰るんだけど、今年度から担当長老が変わったので、長泉なめりまで車で送ってもらい、そこで御殿場線の電車を待つ。
 前から思っていたけど、ここは切符売り場がない。だから電車に乗っても、どこから乗ったのか証明するものが何もない。
 電車が来るまで、しばらく待つ。閑散とした駅の前に立っていたら、駅前の路面にイルミネーションが灯った。時々、形を変えてチカチカ。駅の外で冷たい風吹かれながら、電車を待つ乗客へのせめてものサービスだろうか。
IMG_20170924_184758.jpg IMG_20170925_160703.jpg
 ようやく電車が来た。寒すぎます。イルミネーションも良いけれど、心の安心策として自動券売機を取り付けてください。御殿場駅で降りる時、「長泉なめりからです」と自己申告して運賃を支払うのが、なんだか寒々しいんだよなぁ。
posted by 牧師 at 20:59| 日記

9/21

 出張から帰ってきて、バタバタ仕事をしながらも、朝、十字の園礼拝に向かった。田んぼは刈入れが終わっている。空は鱗雲が出て「秋だよ〜」と教えてくれている。こんなに広々とした景色を見ながら生活できるって、ありがたい。やっぱり都会より、御殿場の生活の方が馴染んでるなぁ。
IMG_20170921_083231.jpg
 十字の園から戻り、机に向かうんだけど、窓の外でバラたちが呼ぶのよ「見て、見て」って。そこで私は小さい子供の母親みたいに「ハイハイ」と、バラたちに呼ばれて庭に出て、写真を撮ったり、雑草を抜いたり。久しぶりに黄色の「ムーンスプライト」が咲いていた。良かった。
IMG_20170920_095545ムーンスプラッシュ.jpg IMG_20170921_122930つるブルームーン.jpg
 そして今年の春、苗を花屋さんで買った「ブルームーン」が咲いていた。ゴージャス!薄い紫が上品だ。写真を取ったら切って、隣に咲いていた黄色の「ハーモニー」も一輪切って、机の脇に置く。これで落ち着いて仕事ができるでしょう。多分。
IMG_20170921_122955つるブルームーン.jpg IMG_20170921_123750つるブルームーンとハーモニー.jpg
posted by 牧師 at 17:23| 日記

2017年09月22日

9/18−19

 17日の礼拝後、東京にいる小学校の時からの親友の家に泊まらせてもらった。彼女の初孫とご対面。写真は前から見ていたけどプクプクに太っていて、超カワイイ。彼女もすっかり良いおばあちゃんになっている。うらやましい。そして台風が来ているのに、夕食のためレストランを予約してくれていた。それもフレンチレストラン!
 目の前に並んでいる豪華な食器に驚く。グラスの底の切子模様がキレイ。ナイフの持ち手も琥珀みたいな模様で高そう。料理が出てくる前から、ビビるなぁ。
IMG_20170917_181623.jpg IMG_20170917_184114.jpg
 次々と出てくる器や料理がオシャレ。私とは別世界です。ハイ。
夢心地で、彼女の家に帰った。
IMG_20170918_094507.jpg
 翌日の朝食。キャハ!これまた豪華。フルーツ、サラダ、そして大好物のカッテージチーズ。紙ナフキンもデザイナーズ・ブランド。ありがとう。お腹パンパンですよ。おいしかった。
 横浜指路教会に向かった。彼女の家から電車で一本。便利だぁ。
 改革長老教会協議会の全国牧師会。今回は「宗教改革500年記念」ということもあるけど、内容がとても濃い。まず三人の牧師たちによるシンポジュームが、良い切り口になった。
IMG_20170918_162815.jpg
 その後、中国人のワン・アイミン教授が、中国の教会の実情について語ってくださった。筑紫教会の松谷牧師の通訳が見事。私、第二外国語が中国語だったのに、「中国、日本」という言葉しか聞き取れなかった。中国語ぜーんぶ忘れちゃったのね。
 中国は一党独裁国家だけど、その中でもキリスト教は広がっていて、公認、非公認の教会がたくさんあるという。たくましい伝道力に感心する一方、課題も多い。ワン教授が的確に課題を指摘してくださった。それは私達の教会にとっても重要な課題。著作にサインしてもらった。
IMG_20170918_195403.jpg
 夕食後は、スコットランドのウィリアム・ストーラー教授が、昇天のキリストの重要性を語ってくださった。改革派の伝統に立つ教会にとって、貴重な示唆を受けることが出来た。
 講演後はタブレットの道案内を頼りにホテルへ。タブレットは便利だけど、人ごみで「その先、右です」と音声ガイドされると恥ずかしい。
IMG_20170919_093614.jpg
 翌日の19日は、ワン教授の通訳を務めてくださった松谷牧師と、東神大のジャンセン教授が、海外宣教について、異なる視点から発題。松谷牧師がプロジェクターを使って、国家の弾圧に遭いながらも、中国の教会の聖歌隊が「十字架を背負って行く」と繰り返し讃美していた映像を見せてくださり、強い衝撃を受けた。国は違っても、キリストに従っていく信仰は、ひとつだと改めて確信させられた。
 今回、台風の影響で、会場教会に来られなかった牧師たちも多かったと思う。その中で幸いにも良い学びの時を与えられ、感謝だった。 
posted by 牧師 at 04:37| 日記

9/14

IMG_20170921_083231.jpg
 金色だっだ田んぼは、すっかり刈り入れが終わって姿が変わっていた。おいしい新米が食べられるね。田んぼって、いいなぁ。季節が良く分かるから。
IMG_20170916_082749.jpg
 牧師館に戻ってから、久しぶりにバイクのエンジンをかけてみる。
 「モンキーR」は、既に製造が終わっているから、マニアには人気があるという。この形と色が大好きなんだけど、夫は、私がバイクに乗るのは大反対。「早く売れ」という。
 実際、背骨が痛いから、このバイクに乗る姿勢はキツイんだけど、ずっと乗ってたから、なかなか離れがたい。親友からも「おばあさんには似合わない。マジ、売りなさい!」とラインが来てる。トホホ。
IMG_20170909_131634モンキー.jpg
posted by 牧師 at 02:04| 日記

2017年09月11日

9/9

 御殿場コロニー祭に行ってきた。ずっと教会に来られなかった方のお見舞いをして、聖餐式を行うことができた。感謝だ。コロニーの広場では賑やかに音楽が響き、出店が並んでいる。
 そこにTちゃんが現れて、うれしくて思わずハグした。そしてHくんにも会えた!皆、元気そうで良かった!また教会の礼拝で会おうね。
IMG_20170909_192640.jpg IMG_20170909_192825.jpg
 帰りがけにコロニーのチャペルを覗いた。ここでМさんの葬儀を行ってから、ずっと来てなかった。講壇の横に四角いプレートがいくつも並んでいる。コロニーで生活してこられて、天に召された方々の名前が記されている。ここは、たくさんの思い出がつまっている大切な場所だ。
IMG_20170909_124119.jpg
posted by 牧師 at 22:29| 日記

9/6

 9月に入ると教会の庭のバラは「夏剪定」をする。ツボミや花がついていても、ザクザク切る。だいぶ慣れたけど、切ったバラはちゃんと教会の玄関や、自分の机に飾っておく。すっかり緑だけになってしまった庭に、バラの色が戻ってくるのは1ヶ月半後。待ちどおしい。
IMG_20170905_160955.jpg IMG_20170906_165057.jpg
 しばらくの間、こうやって、生のバラをそばで見られないのは寂しいなあ。そんなことを思っていたら、剪定が終わった植木鉢に、カエルくんがやってきた。
 カエルくんを家の中に飾っておくわけにはいかないけれど、バラが咲くまで、植木鉢にいてね。そして悪い虫が出てきたら、パクパク食べてください。ヨロシクね。
170909_1035~03.jpg 170826_2129~01.jpg
170825_1928~01ノスタルジー.jpg 170825_1927~01.jpg

IMG_20170908_123216.jpg
posted by 牧師 at 21:26| 日記